金の華(渋谷物語書き直し中)

   金の華
              雨泉 洋悠

 初夏、空から振る陽射しと、木々の緑は徐々にその濃さを増し、私達の日々を照らす。

私に寄り添い、オレンジの陽射しに透ける金の華。
 聞き慣れた、流れるような鈴の音と共に、春の訪れに、心躍らせる。
 この空間に満ちる、光の帯。ひととき奏で終えた、月乃さんの髪を、柔らかに揺らす。
 いつもと変わらずに、馨るその髪に、私はそっと手を触れる。
「なっ、なに」
 月乃さんは驚いた様子で、話を途中で止め、私の手をそのままに、こちらを見る。焦りの浮かぶ、その表情もまた、ここ最近で見慣れた顔。
「月乃さんの髪は、綺麗ですよね。この時間の陽の光を浴びると、不思議な薄茶色になります」
 月乃さんの髪をくるくると、陽に晒しながら、指と指の間を流し通す。月乃さんの香りが、仄かに増す。
 私の手に伝わる感触は、ぬいぐるみのようにふわふわしている。
「あ、ありがとう。お母さま譲りのこの色は私も大好きなの。でも、私は陽子の髪も大好きだよ。いつだって艶やかな、月蝕の色とシルクの手触り」
 そう言いながら、先程からずっと触れたままの私の髪を、再び撫で梳かす。
「ありがとうございます。私も自分の髪はお母さんま譲りでお気に入りです。それでも、月乃さんみたいな綺麗な色には憧れます。今度染めてみましょうか…」
 もう片方の手で、自分の髪に触れてみる。
「ダメ!陽子の髪はこの色じゃないとヤダ!」
 そう言って、月乃さんは私の髪を両手で労るように包み込む。月乃さんの両手の柔らかさが嬉しい。
「ですが、月乃さんのような光に透ける色は、女の子なら誰でも憧れてしまうものですよ」
 私も月乃さんと同じように、両手でその綿菓子のような感触を包み込んで、自分の頬に寄せてみる。
 頬を擽る、綿菓子のような感触と、華の香り。
「う、で、でも、私は陽子の髪の色はそのままが良いし、そりゃ、私の色を好きになってくれるのは嬉しいけど……」
 月乃さんは、その頬の色を更に朱色に染めながら、消え入るように呟く。月乃さんらしいその様子に、私は思わず頬が緩む。
「解りました、では色は絶対に変えません。でも、そろそろ毛先が乱れてきたので揃えて貰ったりとかしたいところですね」
 私は月乃さんから手を離し、自分の髪の毛先に、指を絡ませる。ふわふわから、いつもの手触り。
「陽子はいつもどこで髪を切って貰っているの?」
 月乃さんは、少し残念そうな表情を浮かべながら聞いてくる。
「いつもは、と言うか生まれてからずっとですね。お母さんに切って貰っています。ただ、長さは少し短くしたことがあるぐらいです。今回も少しだけ短くしてもらいましょうか……」
 うちのお母さんは、生まれた時からずっと、私の髪を切ってくれている。そう言えば、私の髪を扱う時のお母さんは、月乃さんとよく似ているような気がする。
「そっか……じゃあ悪いかな……」
 月乃さんのつぶやきが、耳に届く。
「どうしました?」
 私はその先を促す。月乃さんは私の髪から手を離す。
「うん、私の知り合いの人がやっている美容院があるんだけど、そこに陽子を一度連れて行きたいなあと思って」
 月乃さんは、そう言って再び頬を染める。その申し出は、少し意外だけれども、同時に心惹かれるものだった。
「そうなんですか、そのお店ってどこにあるんですか?」
 私は惹かれた心に従って、問い掛ける。
「渋谷、女子高生の聖地の渋谷」
 月乃さんは、微笑んで告げる。私は俄然、興味が湧いてくる。
「渋谷ですか……実は私行ったこと無いのですが私達にとっては聖地だとは知らなかったです。行ってみたいですね」
 そう言って、私も微笑み返す。
「じゃ、じゃあ行ってみる?今週末にでも」
 月乃さんが、更に笑顔で言う
「はい、そうですねそのお店で髪を切って貰いたいかなと思います」
 月乃さんは少しだけ表情を曇らせる。
「でも、陽子のお母さまに申し訳ないような……大丈夫?」
 月乃さんは不安そうに、上目遣いで尋ねて来る。なので、私は微笑みで返す。
「大丈夫です、お母さんなら多分喜んで送り出してくれる筈です」
 月乃さんは満面の笑顔で両手を振り上げながら答える。
「本当に?やった!じゃあ、今週末は二人でお出かけだね!」
 先程よりも濃さを増した、オレンジ色の光の中で、嬉しそうにはしゃいでいる月乃さんを見つめる。
 今週末は、何よりも楽しい一日を月乃さんと過ごすことが出来そうだ。

渋谷編書き直し中です。
当日の天気を変えたため、色々大幅に直しています。
取り敢えず、途中になってしまいますが前日部分だけ載っけてみました。
なるべく早いうちに全文載せたいと思っております|・ω・)ゝ”
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

雨泉洋悠

Author:雨泉洋悠
この世は光に満ちています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
百合を愛する人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR