04/29のツイートまとめ

d_AIRain

[投稿][小説] 紅と桜~あの日~ (雨泉洋悠) #TINAMI http://t.co/bi2uDIqU5o #小説 #短編 #百合 #二次創作 #ラブライブ! #にこまき #矢澤にこ #西木野真姫
04-29 18:20

RT @8848426: はやて×ブレードなんてアニメ化もしない漫画読んでも意味ねーって思ってるかもしれない 大丈夫アニメ化はする!今やってる2が最終巻まで出たら!私が!自腹で!今からお金貯めるからね!
04-29 15:07

スポンサーサイト

紅と桜~あの日~(ラブライブ!二次創作 短編 にこまき)/雨泉洋悠

   紅と桜~あの日~
              雨泉 洋悠

 貴女の人生の中の、何時の日にも立ち止まって振り返る、あの日は何時ですか?
 私にとってのあの日は、貴女にとってのあの日に、なっていますか?

 私は貴女に、生涯ただ一度だけの、恋をするの。
 あの日、始まりにすら辿り着くことの出来なかった、私が秘めた想いは、きっと貴女の為に彼女が置いて行ってくれたの。

 夏の緑を含む風、陽射しの香りを含んで、私の上を吹き抜けていく。
 昨日の夢見が悪くて、何となく誰もいない場所に行きたくて、こんな校庭の隅の木陰の下、芝生で私は寝っ転がっている。
 昨日の夢で見た、お父さんとのあの日のことなんて、忘れる気はないけど、もう少し上回る感じの何かが欲しい。
 もう一つ、昨日の夢の中で想い出したあの日は、もう遠い、巡り巡って今はこれが、自分にとって、良かったのだと思える。
 その二つにやられてしまい、今私は一人でいる。
 何も言わないで来てしまった。
 それはつまり、単純に一人で居たかったからでは、無いのかな。
 寝っ転がった私を包む、青い空、そこの隅っこに、見えて来る、高貴な瞳と赤髪の房。
「にこ先輩、今日はここに居たんだ」
 大分聞き慣れることが出来てきた、真姫ちゃんの声。
 その独特の響きを耳に感じる度に、無意識の奥から考える暇もなく、増えていく何か。

 ひらひら、ひらひら

 PV撮影も終わって、お昼の自主練も終えて、少し経つ。
 なのに、特別外せない用事でも無い限り、真姫ちゃんは、私を見つけ出す。
 今日のように、私の一人になりたい何て想いも、当然のように、その手に掴む。
 何でこの子は、当たり前のように、私の隣りに座ってくるのかな。
 心の奥底に、音も無く湧き出して、日々降り積もっていく。
 私はまだ、自分の中のそれを上手く引き出してあげられない。
「にこ先輩、私明日は久々にお弁当で、凛と花陽と食べると思う」
 こんな風に、持って来たパンを袋から出しながら、当然の報告とでも言うように、真姫ちゃんは、そう言ってくれる。
「あーうん、解った。にこは部室ででも食べるから」
 私は、いつもの笑顔で答える。
 明日、この時間がないのは残念かな、昼休みが長くなりそう。
 明日の自分を思うと、私でもほんの少しだけ気持ちが沈み込む。
 随分と、大きくなってしまった、心の底にあるものを、感じる。
「そ、そうじゃなくて。だから、それなら明日は三人で昼休み部室行くから……」
 そして、赤髪の房を弄くる、真姫ちゃんの手を見てる。
 ああ、やっぱり良いなあ。

 何時だって降り積もっていく、自然に、でもいつも唐突に

 どうしてこの子は、普段見せる姿とは裏腹に、こんな簡単に相手の心に寄り添えるんだろう。
 それは、あの日の印象に、何時だって重なる。
「……ありがと。じゃあ、部室で待ってる」
 ミューズのメンバーは、皆本当に良い子たちだと思うけど、こんな言葉を、私に言わさせてくれるのは、そんな中でも真姫ちゃんだけだ。
「うんっ、待ってて」
 こちらを向いて、満面の笑みを惜しむこと無く、見せてくれる真姫ちゃん。
 こう言う時にだけ、真姫ちゃんの歳相応の素直さを、垣間見る事が出来る。
 それが、未だにそれを見ないようにしている私の、想いの源流を撫で付ける。
 普段の時や、二人きりでない時の真姫ちゃんも、私はとても、好ましく思っているし、二人きりの時も見た目の印象通りの尖った姿を見せることもあるけれど、こう言う時に、ほのかに見える、この子の本質。
 私は、その大元にあるものを、知りたい。
「ねえ、そう言えば真姫ちゃんさあ、あの日全然キャラ違ったよね。何でー?」
 それは、私にとって珍しい、少しだけ相手を見定めるための言葉。
 あ、見る見るうちに真っ赤になっていく、いつも通りにそっぽ向いてしまう。

 ああ、良いなあ

 こう言う姿が観たいから、私は敢えて真姫ちゃんに、色んな言葉を向けているのかもしれない。
「あ、あれは、もう、忘れてよって言ったのに」
 真っ赤な顔で、空を見上げながら、そう言いつつも、言葉を続けてくれる。
「何だか、泣きそうに見えたから」
 私は瞳を閉じる、その心根の奥の、言葉を待つ。
「家は、にこ先輩も知っての通り、病院なんかやってて、パパの専門は脳外科だけど、脳外科とは言っても、結構子供とか多くて」
 聞こえる、安らかな音。
「脳外科に来るような子達って、当然それなりに症状の重い子もいて、皆辛い思いや痛い思いをしていて、色んな事に不安を抱えて、家に来るの」
 続いていく、静かな旋律。
「家のパパも、子供の扱いはとても上手い方だけど、子供にとってはやっぱり大人の男の先生は怖かったり、不安を感じたりするのよね」
 優しい言葉。
「そういう時に、どうしても放っておけなくて、あんな感じで話しかけちゃうのよね。何でか、あの時のにこ先輩も同じ様に感じちゃったの。不安なのかな、怖いのかなって。にこ先輩、そんな弱くなんか無い、強い人なのに、そんな風に感じちゃって、申し訳ないんだけどね」
 ああ、言葉って、こんなにも、優しいんだね。

 お父さん、ごめんね私、この子にする

「にこ先輩?寝ちゃったの?」
 私の頬を、しなやかに突っつく感触。伝わってくる、心の柔らかさ。

 お父さんが言ってくれた言葉、それをちょっとだけ違えちゃうけど、ずっと見てて欲しい

「しょうがないなあ……意を決して人が大事な話をしている時だって言うのに」
 私の目元を拭う指、私の心の滴よりも、暖かい、優しい人の温もり。

 お父さん、私、やっと、生涯一度だけの……。

 真姫ちゃん、私が起きたら、また、話してね、沢山、ここに、真姫ちゃんと居られた、沢山のあの日を、私に……。

次回

どうして?

テーマ : 二次創作
ジャンル : アニメ・コミック

04/28のツイートまとめ

d_AIRain

RT @8848426: 結果や成績を現状維持のまま保つためにする努力は現状維持じゃ足りないんだろうから現状維持って全然楽じゃないんだとおもう 維持できてるからって泳ぐの止めたら沈みもするわけで
04-28 14:26

1期の「これで8人」「いや9人や」のところでいつもアストロ球団を思い出してしまう_φ( ̄ー ̄ ) #ラブライブ #lovelive
04-28 13:27

にこちゃん単独のエンディングが真姫ちゃんに向けて歌ってると考えたら泣けてきた(つД`) さみしいから真姫ちゃんに会いに行くのねにこちゃんは_φ( ̄ー ̄ ) #ラブライブ #にこまき
04-28 05:47

RT @asakonishida: 昨日こんな夢を見たんですが穂乃果には秘密です。ところで東京MXでラブライブ!4話、この後22時30分から始まりますよ。 http://t.co/aqQcTwG3bz
04-28 03:55

にこまき的妄想では、たった一人の孤高のアイドル矢澤にこが今回でいなくなり、9人のミューズの1人としてにこちゃんが再出発したのには真姫ちゃんはきっと1番何かを感じるかと。しかし夜中に真姫ちゃんを家の近くまで連れてきて泊めないとかヘタレ矢澤、ちゃんと送ったの?w #ラブライブ
04-28 03:54

にこちゃん回なのににこまき分が不足している件について_φ( ̄ー ̄ ) まあでも今回の件はのぞえりからのにこちゃんへの想いが重要なので仕方ない( ̄▽ ̄) 今回の件を経てココロアちゃんの髪型がのぞえりになると深読みすると幸せになれますd( ̄  ̄) #ラブライブ #lovelive
04-28 03:46

04/26のツイートまとめ

d_AIRain

[投稿][小説] 紅と桜~ことほのうみ~ (雨泉洋悠) #TINAMI http://t.co/ShUp53OtAo #小説 #百合 #二次創作 #ラブライブ! #にこまき #矢澤にこ #西木野真姫 #ことほのうみ #南ことり #高坂穂乃果 #園田海未
04-26 15:36

RT @Hachune_Miku: ニコニコ超会議にきてるどうみても日本を取り戻す気のなさそうな自民党の車 http://t.co/XdlzBak1OI
04-26 10:59

♥ 女の子同士の恋 ♥ 百合好きのコミュニティ(SNS) 百合こみゅ! http://t.co/fuZWf5lriM 久々に戻ってみました(=゚ω゚)ノ
04-26 03:12

紅と桜~ことほのうみ~(ラブライブ!二次創作 短編 にこまき ことほのうみ)/雨泉洋悠

   紅と桜~ことほのうみ~
              雨泉 洋悠

「海未ちゃん、何時から気付いてたの?」
 私の眼を真剣な眼差しで、じっと見詰めてくることり。
 ことりの真面目さが伝わってきます、私も誠実に答えなければなりません。
 何時から、そうですね何時から自覚したでしょうか、幼少期、幼きあの日に二人に手を惹かれてから私はその想いをいつも胸に。
「海未ちゃん?」
 ことりが不思議そうに首を傾げます、見慣れた仕草ですが、何時見てもその愛らしさは私を惹き付けます。
 あの日と同じ様に、私とことりの間には穂乃果が居ます。
 あの日と違い、穂乃果のお父様特性のお饅頭を口に運びながら、唐突に始まった私とことりの会話を前に、両方の表情を交互に見ています。
 そんな仕草の中にもまた、幼き日の穂乃果は変わらずに息づいていて、その愛らしさもまた、今も変わりません。
「そうですね、やはり始めからでしょうか」
 心に浮かんだ私の大切な風景を反芻しながら、ことりの真摯な眼差しに対して、こちらも自らの心の真実を語ります。
 私とことりの前には、お互いの使い慣れたノート。
 穂乃果のあの日の提案を受けて考え始めたものの、新しい曲の歌詞と衣装・振り付けのアイデアが完全には固まりきらず、そのまま三人で穂乃果の家で、学校が終わった後も新曲検討会です。
 もちろん、穂乃果の家で私達が集まることは、いつもと変わりませんが。
 そんな作業も滞り始めていた頃、ことりが唐突に話を始めたのです。
 ことりがにことまきの振り付けをどうしようか考えていると、私と穂乃果にまず漏らしました。
「あの二人には、もう少し二人の仲の良さをアピールするような振りを、今回は入れても良いかもしれませんね」
 そう、私は先程そう答えたのです。
 仲の良さ、そうですね、私と穂乃果とことりはあの日からずっと変わらずに、今も仲の良いままに、お互いを大切に想い合えていると思います。
 先程の答えを聞いた際の、ことりの少し驚きの混じった、私を讃える色を宿した瞳を思うと数瞬前の事ながらも、今この瞬間にも再度胸が高鳴ります。
「始めから……やっぱり海未ちゃんは鋭いね。あの日の二人の雰囲気には何か感じるものがあったよね」
 はい、正に穂乃果とことりの二人に私は感じさせられたのです、この世界の素晴らしさを。
「ことりちゃん、二人ってーにこ先輩と真姫ちゃんの事?」
 何を言っているのです穂乃果、この話の流れでどこからにこ先輩と真姫が出てくるのですか?
 一体全体どうしたのですか穂乃果、やはり真姫と何かあったと、もしくはにこ先輩!
「そうだよ、仲良いよね。っていう話をしていたの」
 何を言っているのです、ことり!まさかことりまで、二人に!
 私の表情は、驚愕と不安に満ちていたと思います。
 幸か不幸か、穂乃果とことりの二人は、向き合っていて私の方を今は見ていません。
 そんな横顔も、子供の頃からの幼さを残した二人、まるで天使の様です。
「そっかーことりちゃんいきなり真剣な表情になるからいきなり話が変わっちゃったのかと思ったよー」
 はっ!そうでした、今はにこと真姫の振り付けをどうするかの話でしたね。
 解っていましたよ、もちろん。
「穂乃果、ちゃんと話は聞いていないと駄目ですよ、穂乃果の意見が時に、私やことりの考え事を解決に導いてくれるのですから」
 そうなのです、穂乃果は時に私やことりが気付かないような、重大な事を指摘することがあるのです。
 そこがまた穂乃果の持つ独自の魅力で、私はとても大切に思っているのです。
「ごめーん、今日のお父さんのお饅頭いつもよりも出来が良くて、いつも以上に美味しく感じちゃって飽きてることも忘れちゃった」
 そう、何だかんだと言いつつも穂乃果は穂乃果のお父様の創るお菓子が、大好きなのですよね。
 そんなやり取りをする私達を見て、ことりがいつもの様に微笑むのです。
 10年以上の時間を越えて、変わること無くきっとこれからもずっと続く、私と穂乃果とことりの日常です。
「ことり、ことり自身は今、二人の振り付けをどうしたら良いと思っているのですか?」
 あの二人の仲は、今はまだいつも一緒に居る私達だけが、微かに感じる程度でしょう。
 しかし、まがりなりにも歌詞を任され、真姫と共に曲作りをさせて頂いている私には伝わって来ます。
 言葉だけでなく、音もまた心を強く写します。
 完成したものは今のところ殆ど無くとも、私が歌で二人に、ミューズの皆に伝えたいことがあるのと同じように、真姫の創り出す音からも充分に感じ取れます。
 本当の最初期は、特に最初の曲などは、私達三人、何よりも真姫が導かれた相手の事を考えて事が充分に伝わりました。
 そこに込められた真姫の気持ちが、私と同じ所を向きつつも、伝えたいものが私と違ったのは幸いでした。
 ことりもまた、一緒に衣装と振り付けで曲を完成させる役割を担っていますから、きっとなにか感じ入るものがあったのでしょう。
 ことりの事ですから、多分自分の中である程度の答えは出しているのでしょう。
 そこに私と穂乃果が、その手を引っ張る役目を引き受けるのが私達三人の、長い時間で紡いできた、また一つの重要な形です。
「うん、私はやっぱり、にこ先輩はカッコよくって言っていたけど、真姫ちゃんが創るあの曲の中にいるにこ先輩は、可愛く居て欲しい」
 そうですね、やはりことりはちゃんと答えを出していました。
 ことりが迷った時には、私か穂乃果が、その手を引っ張ってあげれば良いのです。
「そうですね、私もそれが良いと思います。真姫の想いも、私達がちゃんと受け止めてあげなければいけません」
 そう言うと、穂乃果がそこに言葉を重ねるのです。
「そうだよね!真姫ちゃんてば、にこ先輩のことだーいすきだもんね」
 穂乃果は、どこまで本気で解っていて、今この時に、この言葉を言えてしまうのでしょう。
 きっと、解ってはいないのでしょうね。解ってしまう穂乃果であったなら、真姫とにこ先輩の二人の気持ちが解ってしまう穂乃果だったら、真姫もにこ先輩も導かれることはなかったのでしょう。
 そして、私もことりも。
 それでも、私が少しだけ不安を覚えてしまうのは、私と穂乃果とことりの三人が持てたような、有り余るだけの時間と日々を、あの二人は決して十分には与えられていないことでしょうか。
 それでも、私達が余り事を急ぐようなことをすれば、きっとあの二人には逆効果でしょう。
 今はまだ、出来る事は少なくとも、いつかたどり着ける二人の場所のために、その瞬間その瞬間で、私達は精一杯の出来る事をやりましょう。
 にこ先輩と、真姫、二人をこれからも支えていくのは、私達仲間、ミューズのメンバー全員なのですから。
「では、明日までに私とことりは歌詞と衣装と振り付けを形にしましょう!穂乃果!今日はもしかしたら泊まりこみになるかもしれませんよ!」
 こんな突然の言葉にも、ことりは微笑みながら言います。
「うんっ頑張ろうね!」
 そして、、穂乃果もまた笑って答えてくれるのです。
「了解だよ!大歓迎だよー!」

次回

あの日

テーマ : 二次創作
ジャンル : アニメ・コミック

04/25のツイートまとめ

d_AIRain

寝てしもうた(; ̄ェ ̄) 今夜も帰って来る時間が遅いのでどうなるものか_φ( ̄ー ̄ )
04-25 06:43

04/24のツイートまとめ

d_AIRain

RT @8848426: 婆爆誕って破裂音満ち満ちてるわ生まれながらに滅びが見えてる感じだわでかっこいいな
04-24 10:11

RT @8848426: 一年なんてオロオロする間もなく過ぎて五年なんてあれっそういえば…?ってふと気付く程度にすぐ過ぎて十年なんて気付く間もなく過ぎるしあっちゅーまにお迎え来るから生き急ごう
04-24 08:05

04/23のツイートまとめ

d_AIRain

RT @8848426: 「薄着の季節!二の腕のたるみ、気になりますね。そこで今日はこのはやて×ブレード電子書籍版全18巻をご紹介」「へー」「まずはお試しを!」「あ、すごぉい!ブルブル来てる」「これを1日五分だけで二の腕スッキリ!」「えー?」「今なら特別価格、第一巻を百円でご提…
04-23 13:08

RT @8848426: 電子書籍でちょっとしたネタ本とか展開してみたいなとはこのところずっと考えてはいた 自分をダメだと思って腐ってるよりもいろいろ試さないとね
04-23 13:07

紅と桜~高貴な姫君~ | 雨泉洋悠 #pixiv http://t.co/EpYIDgtLPq
04-23 03:06

[投稿][小説] 紅と桜~高貴な姫君~ (雨泉洋悠) #TINAMI http://t.co/moKFngDsg1 #小説 #短編 #百合 #二次創作 #ラブライブ! #にこまき #矢澤にこ #西木野真姫
04-23 03:03

紅と桜~涙の女~(ラブライブ!二次創作 短編 にこまき のぞえり)/雨泉洋悠

   紅と桜~涙の女~
              雨泉 洋悠

 愚かなる女、マリヤ・マグダレナ
 罪深きもの、罪の女
 真の愛、復活の日
 目覚めよ、救われよ

「えりち、はい、どうぞお召し上がり下さい♪」
 真剣な表情で書類と向き合うえりちの口元に、差し出すチョコ一つ。
 穂乃果ちゃんからもろた、あんこ入りチョコやんな。
「ん、ありがと。んん、あ、美味しい」
 そう言いながらも、書類から目は離さないえりち。
 いつも通り、もうあんま特別な反応もないけど、うちはうちのやること全部、当たり前のように受け止めてくれるえりちが好きや。
 最近のえりちはミューズに無事入れたおかげか、精神的にも大分余裕が出て来て、皆のこと自然と気にかけた上で、生徒会の仕事とかも全部真面目にこなして、皆を守ろうとする感じがして、魅力三倍増しや。
 今日もにこっちの誕生パーティーの為に、仕事を早くこなして部室に行こうと頑張っとる。
 うちももちろん、ちゃんと仕事で両手動かしとる。
「ねえ、希」
 手を止めることもなく、視線を書類から外すこともないまま、えりちが唐突に話を始める。
 真面目モードのえりちは生来のながらモードやねん。
「うん?何?」
 うちは手を動かしながらも視線はそのままえりちに向けとる。
「にこと、真姫。あの二人って、何時からなの?」
 ああ、その話やね。
 今のえりち、本当に何でも見えるモードになってんねんな。
 出来た余裕の分、自分の事じゃなく、新しく出来た仲間の事、最優先に考える。
「うん、にこっちからは6月の梅雨の時期に初めて会ったって聞いとる。その直前からミューズの写真とかで見てはいたみたいやけど、えりちと、雨上がった話をした辺りやな」
 えりちの綺麗な薄い青色の瞳が少し、揺らぐ。
 また、えりちにはまだどうしようもなかったことなのに、引っかかっとるんやね。
 えりちのそういうとこ、素敵なとこやけどね。
「そう、私本当にあの頃、気ばかり焦ってて何も見えていなかったのね」
 えりち、素敵なとこやけど、もう戻れない時間の自分を反省しても、戻れないんよ。
「仕方ないんよえりち。あの時間はえりちの為にも、ミューズの為にも必要な時間だったんよ。そうやって昔の自分をちゃんと見つめ直すのがえりちのいいところやけどね。それにうちにもあの時期はあれ以上出来なかったし」
 今日初めて、えりちの手が止まる。
「そうね、それは解ってる。私にも時間が必要だった。でも、何で神様はこんなにも残酷なの。あの二人には、何よりもその与えられた時間が、余りにも少ないわ」
 えりちが持つ、時折見える正教の片鱗。うちにはないものだから、未だに新鮮さを覚える。
「うん、そうやね。初めて出会ってからも1年無い、あのタイプの二人が0から始めるには余りにも少ない時間やね。えりちはどうして気付いたん?」
 ちょっとばかり、表情が険しくなってきとるな。
 えりちは、本質が優しいから相手の気持を受け取りすぎる時がある。
「心は躍りに現れるから。練習、ライブ、1回では解らなくても、何度も見ていれば、どれだけ隠そうとしていても、解ってくるわ。多分穂乃果はともかくとして、他は皆程度の差はあれ、気付いているでしょうね」
 えりちでもさすがに一回では解らなかったか、本来はそうやねやっぱり。
「私がもう少し早く、皆に心を開けていれば、もう少し何か、出来る事があったかもしれないのに」
 そこはしょうがないよ、えりち。
「今からでも出来る事はあるし、多分これから色々えりちにしか出来ないことが出てくるよ。うちはその時にえりちに頑張ってほしいと思うんよ」
 その頃には、うちは余り力になれないかも知れへんし。
「今日だって穂乃果ちゃんの提案にえりちが積極的にのってくれたの凄く良かったと思うよ」
 あー本当はえりちにはミューズ頑張ってもらって、うちが全部引き受けとこうと思っとったんやけど、えりちにもやっぱり見えてしまうんね。
「うん、本当は解ってるの。今からだって二人の力にはなれる。でもね、残りの時間が少ないことは変えられない。もし二人がちゃんとお互いに深く理解し合えたとしても、にこはそんな真姫を、ここに置いていかないといけないのよ。卒業してからも逢えるなんて事は解ってる。でも、私にだって解る。この学校に一緒に入られる時間の、人生においての貴重さぐらい。神様はどうして、あんなにも通じ合える可能性を持った二人に、同じ時間を与えて下さらなかったの」
 ああ、えりちまた受け取り過ぎや。えりちは本来は、自分の事よりも人の事で泣く子やからな。
 だからうちは、えりちの傍に居たいと思ったんよ。
「えりち、うちもその事について絶対の安心をえりちに与えられるような言葉は持ってないんよ。でもな、うちの今の精一杯で言えることがあるとすれば、真姫ちゃんには凛ちゃんと花陽ちゃんがおって、にこっちにはうちとえりちがおるやん。うちらの場合は凛ちゃん達と違って絶対の信頼、優しさだけで寄り添う関係は柄じゃないけど、これから二人の間に何かあっても、うちらなりの形で力になれる方法はあると思うんよ」
 もしくは、ミューズに、何かあった場合でも、な。
 えりちは顔を上げて、ちょっと泣きそうながらも笑ってくれる。
 そんなえりちだからうちは、一緒に居たいんよ。
「希、今日の日の守護聖人、知ってる?」
 ほんまに、えりちの中にはロシアと正教がちゃんと根をはってるんやな。
「誰なん?うちでも解るような人?キリストさんについては、うち専門外やけど」
 えりちがちょっと調子を戻しながら言う。
「そうね、でも希でも名前は聞いたことあると思うわよ。日本の暦では、マリヤ・マグダレナ。日本語では一般的にはマグダラのマリアって呼ばれているわね」
 おお、何か聞いたことあるわ。感心してえりちの言葉の続きを待つ。
「私達のキリスト教圏では『罪の女』としても認識されているわね。でも私的に敢えて好意的に解釈するなら、心に傷を追った『涙の女』って感じかしら。にこの印象と少し重なるでしょう?」
 えりちのこういう時の知識の広さは本当に感心する。特に和にどっぷりのうちには新鮮でたまらないんよ。
「で、そんなマリアを救うのはイイスス、日本で言うイエス様なんだけど。これが上手く出来過ぎていることに、イエス様は復活後に最初にマリアの前に現れるのよ。その復活する日はイースターって言って、毎年固定の日付な訳ではないんだけど、何と4月19日もそのイースターに当たることがあるのよ。流石に今年ぴったりとかそう言う出来過ぎたことはなかったけど、私はここに少し希望を見出したくなるの。きっとにこを土壇場で救うのは、真姫だって」
 ああ、えりちは感覚だけでそこまでの答えに辿り着いたんやねえ。
 凄いなあ、やっぱりえりちには敵わんわ。
「素敵やんえりちの話。うちもにこっちを助けだすのは、真姫ちゃんしかおらんと思うとるで」
 思わず顔が綻んだら、えりちもちょっと驚いた感じで微笑んでくれたんよ。
「さて、仕事も大体片付いたし、そろそろ部室に行きましょうか」
 そうそう、こうやって真面目な話をしている時にもほとんど手を止めないえりちがうちには堪らんのや。
 満面の笑みで答えたるで。
「うん、ほな行こか」

 部屋を出る所でえりちが最後にこっそり言った。
「あ、希、そのさっきみたいなことは皆の前ではやらないでよね。流石に恥ずかしいし」
 えりちの顔、赤くなってるやん。ごちそうさま。
「そうやんな、もううちらも二人だけの時間少なくなるんやし」
 えりちが複雑そうに微笑んだところで、今日も充電完了や。

次回

何時から気付いてたの?

テーマ : 二次創作
ジャンル : アニメ・コミック

04/22のツイートまとめ

d_AIRain

[投稿][小説] 紅と桜~FLC~ (雨泉洋悠) #TINAMI http://t.co/iq8gw5KDtf #小説 #短編 #百合 #二次創作 #ラブライブ! #にこまき #矢澤にこ #西木野真姫 #りんぱな
04-22 02:26

紅と桜~高貴な姫君~(ラブライブ!二次創作 短編 にこまき)/雨泉洋悠

   紅と桜~高貴な姫君~
              雨泉 洋悠

 四月の陽射し、桜色の季節。
 春の姫君、ダイヤモンド。
 無垢なる輝き、私のプリンセス。
 渡せなかった、高貴なる貴女への捧げ物。

 窓から入る陽射しの温度は、夏の暑さ。静かな部室、響くのはページを捲る音だけ。
 今日は自分で言うのも何だけど、私の特別な日。
 みんなで祝ってくれるなんて穂乃果が言うから、柄にもなく早めに部室に来た自分に、少しびっくり。
 相当、私の中で重みを増していて、危ないなあと、らしくないなと思う。
 今日を一人で過ごすなんて、慣れていた筈なのに。
 再び響くページを捲る音。
 ていうか、何で、どうして真姫ちゃん、私よりも早く部室に来てるのよー。
 こういう事があるとどうしてもこっちだっていろいろ考えちゃうでしょうがー。
 部室に入ってきた時に、「あ、にこ先輩」って一言だけ聞いたけど、その後は黙々と手元のページを捲っている。
 あ、その時の、ちょっと嬉しそうな顔も何か、私の中にとてつもない何かを見出してしまいそうな、危うさだった。
 この子のそう言った歳相応の幼さは本当に危ない、無駄に色気を含むから心底危ない。
 それにしても、やっぱり、綺麗な手。せっかくなので今は、いつもの私の席で眼の前のページを捲る手を、ずっと観ている。
 ちゃんと手入れをしているのが解る、思わずマニキュアを塗りたくなるような爪。
 真姫ちゃん、マニキュアとか塗らないのかな?
 まあ、学校であんまり目立つように塗るのもまずいけど。
 ひらひら動く真姫ちゃんの指を、眼で追いながら、そんなこと考えている。
 何か、少しスピード上がったぽい。あれ、何かに気付いたようにこっちを見てきた。
「にこ先輩、爪、今日はどうしたんですか?エメラルドグリーン」
 お、真姫ちゃん私の夏色ネイルに気付いてくれた。これはポイント高いですよ?
「あ、気付いて貰えた、今日は帰りに何もないから久々にやってみたの、にこの夏色。でも、今日は一日先生から隠すの大変だった」
 今日はお母さんが早めに帰って来れるって言ってたし。
 真姫ちゃんが、持っていた本を閉じてこちらに顔を向ける。
「いいんじゃない、まあにこ先輩にはもっと似合う色がありそうとは思うけど」
 最近の真姫ちゃんは、こんなふうにたまーに私の前で素直な反応を示すようになった。
 心の底に仕舞っていたものなんて、もうとっくに半ばぐらいまで出て来ちゃってる。
 でも、私はもっと恥ずかしがる真姫ちゃんも観たい。
「ありがと。真姫ちゃん、今度、爪塗らせてよ。真姫ちゃん指も爪も綺麗だから、色んな色塗ってみたい」
 最近はミューズと我が部が安定してきた余裕もあってか、多少真姫ちゃんをつつくのにも慣れが出て来た。
「えええええ、何言ってるのよ!」
 そうそう、それそれ、真姫ちゃんにはそういう反応を、私はこれからもずっとしていて欲しいの。
「ダメなの?」
 こういう時は、少しあざといぐらいに聞き返すのが、真姫ちゃんには効果が高い。
「だ、ダメじゃないけど……」
 いつものように顔を真っ赤にして、その綺麗な指で赤髪の房を弄る。
 いいな、本当に綺麗。

 今も変わらず、少しずつひらひらと

「と、ところで、にこ先輩。今日はにこ先輩誕生日よね?」
 ん、やっと真姫ちゃんの本題に入ってくれるかな?
「うん、今日は皆でお祝いしてくれるって穂乃果に聞いてるよ。ありがと」
 そう言うと、真姫ちゃんはいつも少し遠くを見ている目をする。それに気付いてから、少し時間も経った。
 ずっと観ているもの、私が見逃すはずがない、気付かないはずがない。
 私はまだ、そこにちゃんと答えを見いだせていない。
「うん、穂乃果の提案で、皆でプレゼント、買ってあるんだけど、えっと、何て言うのかその」
 こういう時、やっぱり私はまだまだちゃんと、真姫ちゃんの先輩でいてあげないといけない。
「あれー?真姫ちゃんからいつもお世話になっているにこ先輩に個人でも、とかそういう展開かなあ?」
 ニヤニヤしながら、真姫ちゃんの心の表層を撫でてあげる。真姫ちゃんとこういうやり取りが出来るようになった自分が、今は心底嬉しい。
「ち、違うわよ。た、単に家で要らなくなってたものから持って来ただけなんだから!」
 あーふざけたにやけ顔が本心からのに変わっちゃう、危ない危ない。
「はい!」
 だってねえ、真姫ちゃんにそう言って、差し出されたのはちゃんと私の好きな感じで包装されているし。
 私の方も真姫ちゃんに大分把握されてきているらしいのがまた嬉しい。
 また耳まで真っ赤になっちゃってるし、良いなあ。
「ありがと!開けてみてもいい?」
 お父さんがよく言ってた、プレゼントはくれた人の前で開けてちゃんと喜んでいる姿を見せるのが礼儀。
「良いわよ」
 丁寧に包装紙を取り外して畳む。せっかく真姫ちゃんがくれたもの、ちゃんとこれも持って帰る。
 こういう時の真姫ちゃんの瞳がまた綺麗。
って、桐の箱?
 食べ物かなと思いつつ、開けてみる。我ながらちょっと色気がない。
 中から現れたのは、さくらと書かれた透明な小瓶。
「こ、これは」
 これかなり高級なやつだ。
「香水、にこ先輩、桜の香りいつも着けてるし、似合ってると思うから。私の選んだのも着けてみてよ」
 真姫ちゃん、正直これでは口説きにかかっていると勘違いされても仕方ないよ?
「あ、ありがとう。真姫ちゃん、でもこれ結構お高いやつでしょ?真姫ちゃんだって今言ってくれた通り、私が解らないわけ無いよ。駄目だよー無駄遣いしちゃ」
 へらへらっと言ってしまう、ああ嬉しさで顔がほころんでいるのまでバレる。
 あれっ真姫ちゃんの顔が、ちょっと強張って。
「無駄なんかじゃないっ!私にとっては、大切な買い物!」
 思いっきり怒られた、ああヤバい真姫ちゃんちょっと泣きそう。私も。

 ああ、こんな時にも、やっぱりひとひら

 真姫ちゃんでよかったなあと、思ってしまう。
「ごめん、真姫ちゃん。無駄なんて私酷いこと言った。真姫ちゃんが私の事考えて選んでくれたのにごめんね」
 見る見るうちに復活する真姫ちゃんの顔。うん、嬉しいなそう言う裏に隠れた真姫ちゃんをもっと見せてもらいたい。
 そうだよね、無駄なんかじゃない、無駄になんかしちゃいけないんだ。
「真姫ちゃんさ、誕生日4月19日だったよね?その日は皆でお祝いしたの?」
 きっと、今しかもう機会はない気がする。
「何で知ってるの?んー?その日はまだ私、ミューズじゃ無かったような……ああそうだ穂乃果に初めて会った日だ。音楽室でピアノ弾いてたらいきなり現れてミューズに誘われたの、今思い出しても笑っちゃう」
 そんなの興味があったからに決まってる。もちろん真姫ちゃんに対してだけでは無いけど。
 そっか、そうだよねーまだ私、真姫ちゃんと会えてなかった頃だもんね。
「あーそっか、じゃあプレゼントとか無かったんだねえ。にこだけ皆から貰えてお得ー皆まだかなあ?」
 大げさにはしゃいでみせる、私慣れてるものこういうの、大丈夫。
 あれ、真姫ちゃんの目がジトーとしてる。
「にこ先輩、今の流れ、明らかにそうじゃないわよね?受け取りますから、出して下さい」
 あれ、なにこれ立場逆転?
「うええ?な、なんのことー」
 我ながら白々しい、何だこの私。
「にこ先輩、プレゼントは相手にちゃんと渡さないと意味ないんです。それこそ無駄になっちゃいます。日にちが経ってるとかどうでもいいんです。にこ先輩がくれることに意味があるんです。下さい!」
 な、なにこのつよきの真姫ちゃんは。あ、あれでも、ああこの子は本当に卑怯だなあ。
 何でそんなあからさまに顔も耳も真っ赤にさせて強気に詰め寄ってるのよこの子は本当に。

 ああ、本当にもう、また降り積もっていく

 こんなの観念するしか無い、こんな可愛すぎる後輩のこと、蔑ろになんて出来ない。
「……真姫ちゃん、いまさらながらの誕生日プレゼント受け取って下さい」
 恭しく、いつも持っている鞄から取り出して手渡す。想像でしか思い描いてなかった光景、今現実にここにある。
 何か、ものを見て真姫ちゃんが凄い嬉しそう。
「にこ先輩も私に香水選んでくれたなんて何か嬉しい、ありがとう!」
 ここまで素直に喜ぶ真姫ちゃんとか、何か新鮮。
「これは、何の花?」
 ああ、何か夢で見たような光景。
「赤のデルフィニウム、真姫ちゃんの誕生花よ、青の花が本来だけど真姫ちゃんのイメージはやっぱり赤よね」
 何とも、自然に顔がほころぶ。
「にこ先輩誕生花とか詳しいんだ」
 真姫ちゃんが珍しく感心した様子、たまには先輩らしいこと言います私でも。
「私からすればアイドルには必須知識よ?真姫ちゃんの場合は、加えるなら4月の誕生石はダイヤモンド、4月19日の誕生石はバイオレット・ジルコン」
 真姫ちゃんの瞳の色と同じ色。おおっと、そんな真姫ちゃんの瞳が少しキラキラしてるやっぱり真姫ちゃんでも意外とこういうの好きなんだなあ。
 そんな解説をしていると、皆の話し声と足音が聞こえてくる。
「にこ先輩、パーティーの始まりですよ」
 ああ、今私とっても幸せなの、一年前の私に教えてあげたい。
 希はまだ色々気にかけてはくれていたけれど、貴女がそこで一人で頑張ってくれたからこそ、今私はここに居られて幸せなの。

次回

どうぞお召し上がり下さい♪

テーマ : 二次創作
ジャンル : アニメ・コミック

04/21のツイートまとめ

d_AIRain

[投稿][小説] 紅と桜~にこまきりんぱな~ (雨泉洋悠) #TINAMI http://t.co/3GoHoPPZhr #小説 #短編 #百合 #二次創作 #ラブライブ! #にこまき #矢澤にこ #西木野真姫
04-21 02:49

紅と桜~FLC~(ラブライブ!二次創作 短編 にこまき りんぱな)/雨泉洋悠

   紅と桜~FLC~
              雨泉 洋悠

 真姫ちゃんの勢いに押されて、お昼ごはん食べ損ねるところだったにゃ。
 食べ損ねちゃったら凛よりもかよちんが大変にゃ。
 練習着大急ぎで着て来たけど、ご飯食べ終わってから直ぐは動けないから今は休憩中にゃ、身体動かせるの10分ぐらいかにゃー。
「凛ちゃんごめんね、私食べるの遅くて」
 かよちんが何か気にしてるにゃ、気にすること無いのににゃー。
「ううん、二人の練習見てても面白いにゃー二人とも踊ってる時はもうまるで別人みたいにゃ」
 お日様の下で曲に合わせて踊っている真姫ちゃんとにこ先輩は、いつ見ててもなんか格好いいにゃ。
「うん、何か凄く楽しそうだね二人とも」
 かよちん笑ってるにゃ、何か解るにゃーにこ先輩と真姫ちゃんは歌ってる時も踊ってる時も、何だか二人だけでいるみたいな感じがして見てて嬉しくなってくるにゃー。
 今度の曲の丁度二人が手を繋ぐところが来たにゃ。
「何かにこ先輩と手を繋いでる時の真姫ちゃんの眼、凛のことを見るかよちんそっくりにゃ、凄く嬉しそうなちょっと照れてるような眼にゃ」
 何だか凛がかよちんに見られてほんわかしちゃう時と同じ眼でにこ先輩のこと見てて、何だか凛が見られてる訳じゃないのにほんわかしちゃうにゃー。
「そっか、私そんな風に凛ちゃんのこと見てるんだね」
 かよちんちょっと感心したような眼をして真姫ちゃんの事見てるにゃ。
「そうだよー、凛はかよちんに見られているのがいつも嬉しいにゃ」
 かよちん、今度はにこ先輩の方を見てるにゃ。
「ねえ凛ちゃん、じゃあにこ先輩は?」
 ちょっと真剣な表情をして凛に聞いてくるかよちん。
 凛はこんな感じの真面目なかよちんも好きにゃー。
「先輩?にこ先輩はーうーん、わからないにゃー。でもなんか優しい眼をしてるにゃ、かよちんの眼や真姫ちゃんの眼とは同じように見えてちょっと違うにゃ」
 かよちんがふんふんって感じで首を振ってるにゃ。
「それに、にこ先輩の眼は凛やかよちんを見る時にも同じ目をしている時があるにゃ。
でも、今の真姫ちゃんを見る目とはちょっとだけ違うにゃ」
 うーん、ってかよちんが少し考えこんでるにゃ、凛はこっちのかよちんも好きにゃ。
「凛ちゃんて、時々本当に凄く鋭いことに気がつくよね。そんなの時には凛ちゃんてやっぱり本当に凄いなあと思う」
 えへへーかよちんに褒められたにゃ。
「凛ちゃんの言ってくれたことを踏まえて、私も気づいたことが一つあるんだけど」
 かよちんが少し真剣に、にこ先輩と真姫ちゃん交互に見てる。
 二人とも汗かいて、お日様の光浴びてキラッキラしてるにゃ、何か素敵にゃー。
「にこ先輩は今、私を見る時の凛ちゃんと同じ眼をしてる」
 にゃ?凛と一緒ー?そうなの?
「ふーん、自分からだと見えないから同じかはわからないけど、にこ先輩が嬉しそうにしてるってことは、かよちんの言っているとおりなのかにゃー。凛もかよちんを見るときは嬉しいから何となく解るにゃー」
 かよちんが凛の方向いて笑ってるにゃー嬉しいにゃー。
「凛ちゃん、今の話は真姫ちゃんとにこ先輩には話しちゃ駄目だよ?」
 かよちんがちょっとだけ真剣になった笑顔で言うにゃー。
「どうしてにゃー?」
 かよちんの話は凛にはたまに難しくてこうやって聞いちゃうにゃ。
「あの二人はね、一つだけ私と凛ちゃんとは違うの」
 かよちんがまた優しい顔に戻って二人を見ながら言うにゃ。
「まだ、始まったばかりなの、あの二人は」
 二人のことを見るかよちんが凄く嬉しそうにゃ。
 嬉しそうなかよちんを見ると凛もしあわせにゃー。
「何か良くわからないけど解ったにゃー」
 かよちんがまた凛の方を向いて笑ってるにゃ。
 凛はこっちのかよちんがやっぱりいちばん大好きにゃ。
「うん、凛ちゃんはずっとそんな感じで居てほしいな」
 そう言ってかよちんが凛の頭をなでなでするにゃ、嬉しいにゃー。
「かよちんがそう言うなら、凛はかよちんの傍でずっとこのままでいるにゃー」
 凛の頭を撫でながらかよちんが言うにゃ。
「真姫ちゃんとにこ先輩の間に、これから先何かあったとしても、私と凛ちゃんはちゃんと二人の力になってあげようね」
 もちろんだにゃ、かよちんに言われたからだけじゃなくて、凛も二人のことが大好きにゃ。
「解ったにゃー」
 そこで聞き慣れた真姫ちゃんとにこ先輩の声が聞こえたにゃ。
「凛、花陽、後5分ぐらいしかないけど、少しぐらい一緒に練習しない?」
「せっかく来たんだから、お昼だけ食べて何もしないで帰るのは部長としてはちょっと注意したくなっちゃうわね」
 よっし、かよちんと二人練習に参加するにゃー。
「かよちん行こう!」
「うん!」
 まだまだぽかぽか陽気の、お日様の下にかよちんと飛び出すにゃ。

次回

何で知ってるの?

04/20のツイートまとめ

d_AIRain

[投稿][小説] 紅と桜 (雨泉洋悠) #TINAMI http://t.co/DDhhcLVXWY #小説 #短編 #百合 #二次創作 #ラブライブ! #にこまき #矢澤にこ #西木野真姫
04-20 22:17

[投稿][小説] 紅と桜 プロローグ版 (雨泉洋悠) #TINAMI http://t.co/Dw7ZRIY9jn #小説 #短編 #百合 #二次創作 #ラブライブ! #にこまき #矢澤にこ #西木野真姫
04-20 22:15

pixivに投稿しました 紅と桜 #pixiv http://t.co/ydnBYDP2LF
04-20 21:54

pixivに投稿しました 紅と桜 プロローグ版 #pixiv http://t.co/tMBGdZ4iTU
04-20 21:43

[投稿][小説] 捧ぐ光 (雨泉洋悠) #TINAMI http://t.co/hEFSqnM0y3 #小説 #短編 #百合 #小説 #創作 #オリジナル #エス #乙女
04-20 21:31

pixivに投稿しました 捧ぐ光 #pixiv http://t.co/vcgc7zM479
04-20 21:22

捧ぐ光 #puboo http://t.co/6J895l1Quz
04-20 21:14

【画像】ラブライブ!キャラの私服wwwwwww http://t.co/7wU4Z1cwJl ラブライブ!好きの友達曰くむしろリアルとのことでした。その話を踏まえるとちゃんと考えた上であえてこのセンスにしているような気がする( ・ω・)
04-20 20:48

【ラブライブ!】のんたんをショートヘアにしてみると可愛すぎワロタwwww http://t.co/VmAaEYueO2 自分は多分ラブライブ!のキャラの中ではのんたんが一番話が合うと思う| ´ω`| 次点で絵里ちゃん(=゚ω゚)
04-20 20:46

私の中でみおんちゃんがみおんさまになった( ̄▽ ̄) #プリリズ
04-20 14:54

続きを読む

紅と桜~にこまきりんぱな~(ラブライブ!二次創作 短編 にこまき)/雨泉洋悠

   紅と桜~にこまきりんぱな~
              雨泉 洋悠

「そこのツリ目のあんた!屋上!」
ざわつく教室、その喧騒の中を、耳まで真っ赤にしてこちらに向かってくる、やっと見慣れてくる事が出来た、彼女。
「ちょっと!部長!」
ふんっ、まだまだ教育が必要みたいね。
教室を出て、後ろ手にまだまだ騒々しいままの教室の扉を閉め、翻って既に歩き始めていた私の隣を歩き出す彼女。
「ああ言うの止めてよね部長!西木野が怖い上級生に呼び出された、だとか思われるじゃない!」
 こちらもようやく、聞き慣れる程度には聞く機会の増えた特徴的な声。それでもまだまだ少ないけど。
「あれーあんた、にこの事ちゃんと上級生として扱ってくれるんだーてっきりこないだみたいに……」
更に更に耳まで真っ赤に染まっていく、彼女の顔を横目にチラ見する。私だけが見る事の出来る彼女の赤色反応。
こんな時にだけ微かに見る事の出来る、本当の彼女の姿。
「わ、忘れてよあれは……。それに部長は部長じゃない、いつもちゃんと上級生、してくれてるじゃない……」
 赤髪の房をいつも通りに弄りながら、顔を私とは反対側に向ける。しなやかな指が、私の思い描く、理想に自然と脳内で重なる。

 ああ、またひとひら

 うんうん、しかし良い反応してくれるじゃない、これが見れるなら怖い先輩演じる価値もあるってもんよね。
 自然と顔がにやける。
顔を反対に向けながらも、ちらちらとこっちを見てくる彼女。そんな時に見えて来るのは、歳相応な彼女の幼さ。
「まあ、今度のPV、あんたとにこはペアを組むんだから、暫くは昼休みは一緒に自主連よ。あんたお昼は食べたの?」
 少し色を戻した、彼女の頬と耳。手は変わらずにその赤色の房を弄り続けている。
「今日はまだよ、パンでも買おうかと思ったけど部長が直ぐ来たから」
 少し調子を取り戻したのか、そっぽ向くいつもの感じで返事をする。彼女はお昼は基本お弁当だったけど最近はパンの時もあるらしい。彼女と仲の良い、同じ学年の二人から聞いてある。
 どんな、心境の変化だか。
「そっか、じゃあにこのお弁当を一緒に食べる?今日は作り過ぎちゃったみたいで、余っちゃいそうなのよ、にこそんなに大食いじゃないし」
 我ながら白々しいけど、仕方ない。キャピキャピ貴女の為に作ってきたの~、何て素の私の柄じゃない。
 中身がそんな風に生まれていたなら、この状況はまた違ったものになっただろうか。
 とは言え、彼女がそんな私を求めてくれるのかも解らないけど。
 そもそも、今の私なんて彼女の中でどれだけの存在になれると言うのだろう。
 答えは何処にもない。
「えっ!良いの部長?」
 不意に向けられた驚きを含む笑顔に、思考の澱みは振り払われる。

 ああ、不意に、普段とは違うそんな素の反応を示されると、またひとひら、降り積もる。
 かつて一度だけ、期待へと昇華させる事すら出来なかった、心の底の疼きを呼び起こしてしまう。
 止めて、私の願いは、今はただ先輩後輩でいたいの。

「まあ、私が作ったものじゃないけどねーそれにあなたのお弁当みたいに豪華じゃないわよ」
 立ち返った先に、ちゃんと居た、いつもの私。
「そんな……豪華なのなんて求めてないし、そう言う先輩からお昼ごはんもらうなんて経験、初めてだし」
 また、ぷいっと横を向いてしまう。こう言う時だけ角を無くすとか、本当にもう。

 屋上の唯一の日陰に、用意して来たビニールシートを敷いて、昼食を終えて今は二人並んで座る。
 自分の事を、少なくとも嫌っていない人と食べる食事。こころとここあ、お母さん以外では、久しく忘れてたなあ。
 今日の空は青空、梅雨はとっくに終わっている。
 こんな何でもない、堪らない時間、本当に久し振り。
「ねえ、部長」
 隣に座る彼女が、いつも通りに赤い房を弄りながら呟くように話しだす。
「んー何?」
 私は少しの眠さと気怠さを感じながら、答える。安心って、こう言う時に使う言葉だったんだよね。
「あ、あのさ、えっと」
 何だろ、また何か強力な一撃を繰り出す気なのかしら。私は言葉でなく、視線だけ彼女に向けて先を促す。
「その、いい加減あんたじゃなくて、最初に屋上で練習した時に言ったように、な、名前で呼んで欲しいんだけど」
 ああ、その話か、まあそろそろ潮時よね。私の教育の賜物だわ。私は、ぷいっと横を向く。
「いや」
 ふんっ、まだまだ呼んでなんてあげないんだから。
「えええええ、な、何でよ」
 驚きと非難の混じった視線を向けて来ているであろう、彼女。
「先に、あんたがにこの事を名前で呼びなさい、当然でしょ?」
 彼女の非難の瞳を、同じく非難のジト目で返す。こう言う視線はね、年期がものを言うのよ。
「うええええっ、いみわかんない!」
 ふんっ、当たり前なんだから、これだけは絶対譲らないわよ。
「ほら、呼んでご覧なさい、何ならもちろんにこにーでも良いわよ」
 彼女の顔に、徐々に自分の顔を近付けて行く。
「うええ、もっと無理!」
 もっと無理とは、ちょっと聞き捨てならないけど、まあ今日の本題はそっちじゃないので、また今度に。
「ほらほら、早く早く、それともそんなことも出来ないの~?」
 ニヤニヤしながら、そう言ってあげる。この方が彼女にはずっと効くのよね。
「で、出来るわよ!…………矢澤……先輩」
 また顔を真っ赤にしちゃって、でもここまで来て妥協は赦さない。
 追い込むわよ。
「ちっがーう、それ苗字でしょ。まあ、あんたにしては大きな前進だけど、もう一声。私は苗字で呼ばれるよりも、名前で呼ばれる方がずっと、嬉しいの。でないと私だって名前でなんて呼ばないわよ?」
 むー、彼女のその高貴な色の瞳を、じっと見詰める。うーん、睫毛長いなあ、良いなあやっぱり。
「わ、解ったわよ……に、にこ……先輩」
 あー、今度は視界の隅に入る耳まで真っ赤だ。伏し目がちな眼、どうしてこうこの子は幼さの中に色気を入れてくるかしらね。
 無意識の淵、まだ至れない。
「うん、良く出来ました」
 自然と顔が綻んでしまう。ああ、情けないらしくない。
「……にこ先輩、私には?」
 ジト目で見てくる。う、先に乗り越えさせてしまったら途端に強気に出る。
 全く、何ともね生意気だわやっぱり。
「解ったわよ…………真姫ちゃん」
 ふんっ、こっちは今日ずっと準備しておいたんだから直ぐに出るのよ。
 先輩を甘く見てはいけないわね。
 うう、でも、もう、何なのよ。真姫ちゃん、一体全体貴女のその、花が恥じらうかのような、その微笑みの向こうにあるのは、何なのよ。

 ああ、また降り積もる、私の心に、ひとひら

 まずいまずい、私いま無駄に体温上がってる。変ににやけてる。
「にこ先輩」
 もうね、何ともね、ここでひっくり返る立場って歳上としてどうなのよ。
 私と真姫ちゃんは、先輩と後輩。
「真姫ちゃん」
 妙に嬉しい気分になって、二人で笑い合ってしまった。何よ、この青春の一ページ。本当に何なのよ。
 ね、真姫ちゃん。
 と、突然ばーんと屋上に出てくる扉が勢い良く開く音がする。
「真姫ちゃん大丈夫かにゃー!」
「ま、真姫ちゃん!怖い先輩に怒られるなら一緒に怒られてあげるから!」
 聞こえてくる、もう大分聞き慣れた二人の声。
「凛!花陽!」
 あ、真姫ちゃんが何かあたふたしながら、全力で私から離れて二人を迎えた。
 もう、本当に何なのよ。そんな耳まで真っ赤なまま体裁を取り繕う姿を私に見せてどうしたいのよ本当に。
「あ、真姫ちゃん!昼休み前の移動教室の後に、ちょっと部室に寄り道してから戻ったらたらクラスのみんなに真姫ちゃんが、こわーい上級生に屋上に呼び出されたって聞いたにゃー、果たし状にゃー決闘にゃー」
 凛ちゃんがいつもの調子で捲し立ててる。
「そ、そうなの、私達心配で。て、あれ練習着?それににこ先輩?」
 うん、そう、そうなのよ。
「ああ、それはあれよ。にこ先輩のおふざけで、別に怖い目になんてあってないから大丈夫よ」
 色を戻した真姫ちゃんの、何の打算も含まれていない、友達への笑顔。
 ああ、私は今こう言うのを。
「なんだーにこ先輩だったのかにゃーそれだったら全然怖くないにゃー」
 見れる場所に居るんだなあ、だから私はこう返すの。
「どういう意味よ!」
 私は、この三人と一緒に、自然に居られる場所に、今居るんだなあ。
「そのまんまの意味よ、にこ先輩。凛、花陽練習着持って来なさいよ。残り二十分ぐらいだけど、にこ先輩と特訓よ」
 ねえ、真姫ちゃん、私達やっと。
「解ったにゃー」
「うん、取ってくるね!」
 私達の大切な二人と、同じ場所にいま立てたね。

 視界に揺らめく、初夏の空。落ちてくる、花びら、またひとひら。

 次回

 先輩?

テーマ : 二次創作
ジャンル : アニメ・コミック

04/19のツイートまとめ

d_AIRain

RT @mabo19750313: に『今日は真姫ちゃんの誕生日だからさ…特別にひざ枕。真姫ちゃんだけの特等席だからね…』真(…恥ずかしい)に『真姫ちゃん…おめでと』真『にこちゃん…ありがと』#西木野真姫生誕祭#西木野真姫生誕祭2014 http://t.co/KKX
04-19 21:13

RT @060830_mari: ラブライブ西木野真姫ちゃんの誕生日~(*^ω^*)゚+。(ノ´∀`)ノ《ォメデトゥ》。+゚真姫ちゃん可愛すぎ(●´ω`●)♥祝ってくれる人RTラブライブ好きな人RTRTした人全員フォローする#相互希望 http://t.co
04-19 21:12

RT @hk_0327: 真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃん#西木野真姫生誕祭#祝ってくれる人RT http://t.co/C9
04-19 21:12

RT @ayahaaa__: 50RTいったらガチャやります真姫ちゃん誕生日だから真姫ちゃん来い!!#ラブライバーはRT #RTした人全員フォローする http://t.co/r5dlDwdpmX
04-19 21:12

RT @Tomorrow0402000: #西木野真姫生誕祭 #西木野真姫生誕祭2014 #真姫ちゃん生誕さしすせそ #真姫ちゃんかわいいかきくけこ 真姫ちゃんの誕生日だからソッコーで作ってきた。 http://t.co/kGEB1B6C2d
04-19 21:12

真姫ちゃん誕生日おめでとう!記念 : 紅と桜(ラブライブ!二次創作 短編 にこまき)/雨泉洋悠 http://t.co/Xrii8sgNLo #ラブライブ #lovelive
04-19 14:03

ラブライブ2期のOP、後ろの全校生徒が全員ちゃんと違う動きをしているのが凄い、早いところBD画質で観たい!( ̄▽ ̄) #ラブライブ
04-19 11:48

RT @8848426: 「軍靴の音が聞こえる」「カレーの匂いしかしねえよ」
04-19 10:19

RT @moemoe_pic_: ゴソゴソ『ねぇかまってよ~♡』『ん~??』『かまってくれなきゃ嫌いになっちゃうよ~??』ゴソゴソ『じゃあ離れてください』『それはやだです♡』『なんだよ(汗)』 http://t.co/CO24rvVKps
04-19 10:15

やはり丁寧に描かれたツンデレは最高です。人間て言うのがそう言う部分少なからず持っているから心に響く。人は誰しも意外に思うがまま生きれない。想いの在り処で私が書いたのはそう言うの。まあ、20年ツンデレ好きやってます大好物です。原点はチャチャのどろしーちゃんd( ̄  ̄) #ラブライブ
04-19 10:14

続きを読む

真姫ちゃん誕生日おめでとう!記念 : 紅と桜(ラブライブ!二次創作 短編 にこまき)/雨泉洋悠

   紅と桜
              雨泉 洋悠

 私、矢澤にこは、いま気になっている事がある。

 窓の外から静かに耳に届く、降り落ちる、天の滴の音。
 その音をBGMに従えて、私の眼の前で、揺れる赤髪の房。初めて間近に見る、その大人っぽさの中にも、歳相応だろう幼さを残す、整った顔立ち。
 胸元のリボンの色は、やっぱり青。まあ、当然だ、赤や緑だったら、この私がこんな子を、見逃している筈がない。
 そこに居る、その存在感のみで、既に私の視線を惹き付けて、離さない。

 綺麗

 私の頭に浮かぶ言葉は、今はただ、それだけ。
「これでよしと」
 特徴的な、抑揚の抑えられた、流れるような言葉が、私の心へと引き落ちる。
 ああ、良いな、声まで。
「気を付けてね、女の子なんだから、顔に傷が残ったりしたら、可愛い顔が台無しよ」
 そう言って、鼻の頭に触れた指は、意外な程に低い体温、しなやかに伝わる僅かな感触の、奥の底の方にだけ、微かに感じる、暖かさ。
 ずるい、その顔でそんな事言われたら、今すべき反応を、すっかり忘れてしまいそうになるじゃないの。
 私の頬は、自然と膨らむ。
 もう、こんな時まで子供扱いされるのは、少しだけ胸の奥がざわつく。
 むくれて、その、私を真っ直ぐに見てくる高貴な色の瞳を睨み返す。
 ふんっ、子供扱いして。
 不意に、その高貴な瞳が緩む、紅色に染めた頬で、微笑んで、私の、今度は頬に、そのしなやかな指を触れる。
 少しだけ、先程よりも、増して伝わる、彼女の体温。
「ふふっ、か…」

 あぁ、これはまずい、舞い落ちる、花びら

「にこ、上級生なんだけど?」
 私は何とかいつもの自分に立ち直して、精一杯の威厳を救い上げて、彼女に告げる。
 さすがにまだまだ、その瞳に対して、歳相応でいたい。
 なのに、彼女ときたら。

 みるみるうちに、紅色を増す彼女の頬。
 あ、その真っ赤なほっぺたをこっちに向けて、横向いちゃった。
 赤色の房をしなやかなその指でしきりに弄りながら、その瞳を閉じてしまう。
「き、気を付けなさいよねっ!」
 そう言って、私から離れ、部室の入口の方に戻る。
 ああ、耳まで真っ赤。
 そう言うのずるいなあ、最初に、天然に、本当の自分の方を先に、無防備に晒してくるなんて、反則過ぎるでしょ。

 少しずつ、過ぎて行く時間の中で、ひらひらと蝶のように、私の心に舞い積もっていく花びら、最初のひとひら、そして、もうひとひら。

 私は、この部室で何度も、一人で観てきたこの空間を包む音の主を窓の外に確認し、見慣れたいつもの部室の備品達を眺める。
 私が、今日までの間に、この学校でたった一つだけ、護り通せたもの。
 この二年間を、一緒に歩いて来た証達、最後に視界に入れる、華やかな箱。
 みんな、私の大切な、心の足跡。
 何とか気を取り直した私の、視界に漏れ入る、その頬を染める紅色を、戻した彼女。
 その彼女も含めて六人。この部屋の中を見回しながら、感嘆の表情をした、下級生達。
 そんな、感心の表情をしてくれたって、ダメなんだから!
 私はまだまだ、貴女達なんかぜんっぜん、認めてなんかいないんだからね!

次回

 そこのツリ目のあんた!屋上!

テーマ : 二次創作
ジャンル : アニメ・コミック

04/17のツイートまとめ

d_AIRain

RT @turret_lily: そういえば姉妹百合って二人ばかりだよな。三姉妹、四姉妹での百合とか101つ子お姉さまとかあってもいいのに
04-17 22:52

次真姫ちゃんの前に現れた時に二人がどうなるか気になる。あの子の事だからライブの様子だけで真姫ちゃんのにこちゃんへの気持ちにも穂乃果ちゃんへの気持ちにも気づいてしまいそう。ライブの後真姫ちゃんに二人への気持ちをつつく。想いを抑えながら。フォローするのはやっぱのんたんか。#ラブライブ
04-17 01:09

2期1話の冒頭で真姫ちゃんの隣が空いているのは、そこにおさまるべきはにこちゃんだからで確定だと私も思うのですが、SIDを読んでしまうと、もう一つの可能性もありかなと考えてしまう。某◯崎さん( ̄+ー ̄) #ラブライブ
04-17 01:03

にこちゃんがその瞳を潤ませる時は、嬉しい時全般と、哀しい辛い時は穂乃果ちゃんと真姫ちゃん関連の時だけなんだよねえ( ̄▽ ̄) #ラブライブ
04-17 00:27

にこちゃんへの褒め言葉でどうしても1番に出てきてしまうのは可愛いでなくて格好良い。対して真姫ちゃんへの褒め言葉でどうしても1番に出てきてしまうのは可愛い。見た目の印象とは全く違う言葉が浮かぶ。やっぱり三大先生が創り出したキャラ設定の妙だなあd( ̄  ̄) #ラブライブ
04-17 00:05

04/16のツイートまとめ

d_AIRain

あの講堂でのにこちゃんの表情が凄く良いんですよね。アニメ前のにこちゃんも大好きだけど、やっぱり三大先生が少しずつ変える事を恐れずに行き着いたアニメの、格好良くて可愛くて厳しくて優しくて強くて弱くて、真姫ちゃんの事が大好きなにこちゃんが最高で1番大好きですd( ̄  ̄) #ラブライブ
04-16 23:12

穂乃果ちゃんの涙にギリギリの瀬戸際で間に合った花陽ちゃんは天使。あの時花陽ちゃんが一瞬でも遅れて講堂についていたらミューズは始まっていなかったかもしれない(;_;)
04-16 23:05

SIDやっと読み終わりました。絵里ちゃんが私の行きつけの場所によく行っているのが解って満足。あとのんたんはやっぱり可愛い、でもにこちゃんがやっぱり一番感動した(T_T) 後こころちゃんとここあちゃん髪型がのんたん絵里ちゃんと同じ。にこちゃんがやってあげてるんだろうな。#ラブライブ
04-16 22:55

RT @asakonishida: 俺を大阪の畑 亜貴と呼んでくれてもいいんだぜ(畑 亜貴さんはよくないだろうけど)
04-16 08:17

RT @asakonishida: 2話のにことまきの焼き芋のくだりはあれか、これがフード理論ってやつか
04-16 07:59

RT @asakonishida: にこ「なんならこれに曲をつけてくれてもいいのよ」真姫「気持ち悪い」
04-16 07:58

RT @asakonishida: 「にこにーにこちゃん」矢澤にこ作詞にこにこ(にこにー!)にこにこ(にこにー!)翼広げて 浜辺のかもめウィンク一つで 撃ち落とす恋は焼き鳥 タレより塩よさらって逃げてね「とにかくもう学校や家には」帰りたくない 帰れないにこに…
04-16 07:58

SIDやっとにこちゃんまで読み終わった。櫻子先生自らにこまき推奨と言うことは=原作者公式設定と言うことでFAd( ̄  ̄) #ラブライブ
04-16 03:35

そう言えばA-RISE、はやてと同じでやはりラスボスは白服なんですねえ( ̄▽ ̄) #ラブライブ #はやて×ブレード
04-16 03:32

04/15のツイートまとめ

d_AIRain

そうなると自分内では一つのほんのわずかにあるかも知れない、一つの可能性が思い浮かぶ。実は、一番大きくミューズを続けられなくなる可能性を持っているのはことりちゃんでも真姫ちゃんでもない。他ならぬ1番ミューズを必要としている人、櫻子京極花田三大先生がそれをやるか気になる。#ラブライブ
04-15 23:11

今日やっとSID真姫ちゃんまで読み終わって、にこちゃんのをまだ読んでいないからなんとも言えないところもあるのですが、2期2話観て思ったことが一つ。アニメではお母様のこともあるし、あんな娘想いのお父様だし、真姫ちゃんには両親とぶつかって欲しくないしぶつからない気がする。#ラブライブ
04-15 23:04

04/14のツイートまとめ

d_AIRain

ついに私も完純愛レンズの魅力に捕まりましたd( ̄  ̄) この曲希ちゃんからにこまきの為に歌っていると考えると泣ける(T_T)特に勝手な解釈ですが、出会いは選べないのあたりを、真姫ちゃんと穂乃果ちゃんの出会いを前提に、にこちゃんを励ましてると考えるとヤバいです #ラブライブ
04-14 23:25

RT @uuuuusa: 私のお墓の前で泣くとかww マジwww 勘弁wwww そこに私は ビガッ ビガッ 眠ってなんか ワチャカナドゥ 千の風に 千の風になって ダッセー飛び方でもいいから 上へ飛べ デッケー夢持って ブーンww ブンシャカwww ブブンブーンwwww
04-14 22:43

にこちゃんにだけちゃんづけをする真姫ちゃんの可愛いものへの強いこだわり( ̄▽ ̄) #ラブライブ
04-14 01:29

それでも確実に近づく二人の別れ。永遠でなくとも、もう毎日当たり前のように学校で会える日々は終わってしまう。学校生活ならではの哀しみですね(;_;) 今後近づくほどに二人が辛い気持ちを抱える日々も増えていく。その時にミューズのみんなが支えになってあげて欲しいと思う。 #ラブライブ
04-14 01:23

なんともねえ、にこまきを二人っきりにしておいてあげる絵里ちゃんがやっぱり気配りができる子なんだなあと思った。あの二人の関係は可愛すぎてミューズのメンバーも微笑ましく見守りたくなってしまうんですよねきっと。 #ラブライブ
04-14 01:19

RT @capo_Lv5: ラブライブ2期1話の感想。何だこの神回。やっぱラブライブすごいなー。完璧だし勢いとオーラがある。何よりツボ押さえてるし。1話にしてにこまき! #ラブライブ http://t.co/74Ul3IagZR
04-14 01:00

RT @soneshinn: 友人から「にこまきがお揃いの靴を履いていた」という情報を聞き、萌え死んだと共にラブライブ最高って思った。 http://t.co/92rEtEt9sL
04-14 01:00

RT @lovelive_yuri: にこまき#可愛いと思ったらRT http://t.co/BRFrzsrswV
04-14 01:00

RT @iaiashiragi: にこまき http://t.co/GyHHs3oEgO
04-14 00:59

RT @aquawater42: にこまきの靴お揃いだね。 http://t.co/0FnqpbAtx6
04-14 00:59

続きを読む

04/13のツイートまとめ

d_AIRain

【画像】アニメーター・本田敬一氏の「ラブライブ!」落書き絵が素晴らしい… http://t.co/hIDCLGrqfb
04-13 22:00

RT @harapeco1029: わんどろやろうと思ってたのにもうこんなじかん http://t.co/LeZWrPhVSv
04-13 09:35

小ネタ:ラブライブ! μ's(ミューズ)9人の誕生花と花言葉| ´ω`|ノ

μ's(ミューズ)9人の誕生花と花言葉をまとめてみました、中々面白いですよ(=゚ω゚)

穂乃果ちゃん
ニチニチソウ 楽しい思い出、友情

海未ちゃん
フタリシズカ いつまでも一緒に

ことりちゃん
ホトトギス 永遠にあなたのもの

2年生組3人、穂乃果ちゃんの朗らかさに対して海未ちゃんとことりちゃんの愛が重すぎる(笑)


真姫ちゃん
デルフィニウム 尊大、高貴

花陽ちゃん
シンビジューム 素朴、飾らない心

凛ちゃん
ソバ あなたを救う、喜びも悲しみも、懐かしい想い出

1年生組3人、真姫ちゃんは外面と環境を表している感じですね内面は表していない感じ。
花陽ちゃんはとてもらしくて、凛ちゃんは花陽ちゃんの事しか考えてない(笑)
ラーメン好きも暗に示していますな。


にこちゃん
ベニジューム 変わらぬ熱愛、切なる喜び、美は常に新しい

希ちゃん
スイートピー 優しい思い出、門出

絵里ちゃん
ムラサキシキブ 聡明な女性、愛され上手

3年生組3人、希ちゃんと絵里ちゃんはらしい感じ。
見守る人と見守られる人(笑)
最高なのはにこちゃん、その想いは誰に向けてのもの?(ノ´∀`*)(笑)


多分、櫻子先生のことだから最初から花言葉ぐらい考慮して設定をつくっているんじゃないかなあと。
キャラ作りにかけてはやはり神がかっている方ですね(=゚ω゚)

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

04/12のツイートまとめ

d_AIRain

合宿で別荘の件にOK出す時真姫ちゃん皆の方を見つつ、にこちゃんの期待の顔を見て決めている気がする( ̄+ー ̄) #ラブライブ
04-12 01:06

RT @puffinistere: プロデュースするということ..音作りのバラし方と組み上げ方..昨年末の佐久間正英さんのドキュメンタリーに新映像を加えた再構成版..なう放送中!..今の音楽を作ってきた男..これからの音作りのバイブル..必見! #NHK #佐久間正英 http…
04-12 00:58

佐久間正英さんは昔からの音楽好きにとっては奇跡みたいな方、もう少し生きていて欲しかった方だなと思う…(T_T)
04-12 00:56

【ソウルイーターノット!】1話まとめ 百合の三角関係素晴らしい… http://t.co/HQy8HW9Bal 取り敢えずまずは観なきゃ!(迫真) 今期は悪魔のリドルも観ないといけないし久々に複数のアニメを観ることになる(=゚ω゚)
04-12 00:49

しかしことりちゃんは凄いなと思う。これからのSomedayの振り付けは小鳥ちゃんな訳で、にこちゃんと真姫ちゃんに手を繋がせ、かっこよくと言ったにこちゃんをあえて可愛い演出にして、メイド喫茶では例のあれですよ。天然装って実は一番皆の心をちゃんと見つめてる。 #ラブライブ
04-12 00:28

一期のOPと二期の1話を見る限り、やはり京極先生をはじめスタッフの皆様は今回でにこまきに一定のあるべき結論を出すような気がする。卒業を匂わせた時点でにこちゃんと真姫ちゃんの別れは確定事項で、初期から長い間スタッフの皆様が大事に育ててきたにこまきの一つの大きな区切り。 #ラブライブ
04-12 00:21

04/11のツイートまとめ

d_AIRain

にこまき話を書き始めてみました。まだまだラブライブへの理解度が未熟ではありますが書きたい気持ちを抑えられませんでしたので書いてしまいます( ̄▽ ̄) そ言えばみゅーすたの衣装は真姫ちゃんイメージカラー赤のはずなのににこちゃんのピンクに近い色着てますね( ̄ー ̄) #ラブライブ
04-11 02:35

そのこともあって、希ちゃんはにこちゃんの勉強を見に来たのかな…。 #ラブライブ
04-11 00:12

ちょっと思ったのが、にこちゃんの初期の絵里ちゃんへの悪態は希ちゃんの一番が絵里ちゃんだと言うことを知ったことからの嫉妬の可能性もあるだろうか…。ただ、副会長になっていることは知っているだろうし、会長が絵里ちゃんなのもしっているはずとは思うのだけど。 #ラブライブ
04-11 00:11

04/10のツイートまとめ

d_AIRain

昨日はああ書きましたが、あいしてるばんざーい!は真姫ちゃんからミューズとしてのにこちゃん、ミューズのみんなへの想いを描いた曲なんですよね。あの曲は素のにこちゃんに向けたものじゃない気がする。ミューズとしての、一番アイドルとして輝いている時のにこちゃん、みんなへの曲。 #ラブライブ
04-10 23:49

にこちゃんが大切だから、会わせてくれた穂乃果ちゃんの意向を尊重する。ただそこに多分多少なり穂乃果ちゃんとの最初の出会いを大切にしている真姫ちゃんがいてにこちゃん複雑な想いを持たざるを得ない。真姫ちゃんが自分を大切にしてくれてるの解っていても嫉妬するよねやはり #lovelive
04-10 01:38

勝負もそれを含めての勝負かなと。穂乃果ちゃんにお互い真逆のやり方でしか想いをぶつけられない不器用な二人。一期で真姫ちゃんがにこちゃんを泣きながら止めたシーンとアイドル活動を真姫ちゃんも休止したのとは実は今回と同じく矛盾しない。 #lovelive
04-10 01:32

真姫ちゃんは二期になっても穂乃果ちゃんの意向を最優先するんだよね。にこちゃんも切なくもそれを理解し受け入れてる。二人共にとって穂乃果ちゃんは大切な存在だから。二人とも穂乃果ちゃんの手にミューズへと導かれているから。今回の寄り道シーンをそんな感じで解釈してます。 #lovelive
04-10 01:26

矢澤先輩は真姫ちゃんをビデオにおさめて個人的に楽しむらしい( ̄▽ ̄) #lovelive
04-10 01:13

マリみて好きの私としては、櫻子先生はストパニもやってるしどうしても関係性で考えてしまうのですが、ラブライブは姉妹システムをはやての林家先生とはまた違う方向に発展させたと解釈してみたい。林家先生は刃友と言う一対一の嫁旦那システムに、逆に複数対複数にした櫻子先生。 #lovelive
04-10 01:06

にこちゃんなんで真姫ちゃんと同じような手つきで髪いじったんだろうか。あと絆創膏は速攻消えちゃうんですな。綺麗にはがして持ち帰ることにしたのか…(^ω^) #lovelive
04-10 00:51

一期の穂乃果ちゃんに使われた絆創膏はおそらくことりちゃんのものであると確認できた。やはりピンクうさぎ絆創膏とにこちゃんの手当てをしたのはスター西木野だと思いたいヾ(@⌒ー⌒@)ノ
04-10 00:40

夏Jumで、にこちゃんの為だった夕陽が一期で真姫ちゃんの為の朝陽に変わるって言う対比が良いですね。スタッフの皆さんは全くどれだけにこまきを愛していらっしゃるのか( ̄▽ ̄) #lovelive
04-10 00:29

紅と桜 プロローグ版(ラブライブ! にこまき)/雨泉洋悠

   紅と桜 プロローグ版
              雨泉 洋悠

 足元を埋め尽くす、桜色の花びら。暖かな陽射し、優しい風、この学校の春は、思っていたよりもずっと綺麗。
 それなりに段数のある階段。登り切って、数歩足を進めて、足元を埋め尽くすのみならず、私の周りを、自らの生き様と残り香を残して、花のかけらが舞い踊る。
 少しだけ、自分の選択の確かさを褒めて上げたいと思う。
 こんな日に、入学式を迎えられるなんて、私の高校生活のスタートは、それなりに幸福だと思った。
 この場所に決めた時、高校はもう大学のための勉強の場と割り切っていたけれど、何かあれば良いなと、心の隅っこの方に仕舞っていた、淡い期待が浮かぶ。
 瞳を閉じて、少しだけ深呼吸してみる。
 桜色の香りが胸一杯に広がって、私の気持ちを、少しだけ高いところに押し上げる。
 桜色の香りに包まれる幸福。暖かくて、柔らかな香り。
 そんな瞬間に、背中の方から、静かに吹き付け始める、春の二番風。
 私が瞳を開いた瞬間に、二番風は沢山の花のかけらを従えて、一息に私の周りを吹き抜けた。
 私は思わず、強すぎる風の大元に引きつけられるように、階段の方を振り返った。
 そこにいたのは、

桜色の妖精、高潔なうさぎ。
 低くて、柔らかい目線、小さな、可愛らしい手足、カワイイ、あんな可愛い子なら、きっと私なんかと違って、いつも友達に囲まれて、暖かい場所に居るんだろうな、暖かいんだろうな。
 私の曲で、あんな子が歌ってくれたら、きっと、一番の特等席で、ずっと聴き続けているのにな。

 私の右横を、小さな歩みで、花のかけらを舞い上がらせながら、歩いて行く。
 私に唯一つ、桜色の香りだけを残して。


 次回


桜色を燃やし尽くす、情熱の赤い炎、高貴な猫
 高くて、強い目線、長い、細い手足、綺麗、ああいう素敵な子が、きっとにこなんかと違って、本物のアイドルになっていくんだろうな、素敵な声で、歌うんだろうな、甘いんだろうな。
 にこと一緒に、あんな子がアイドルやってくれたら、きっと、一番の特等席で、ずっと眺めているのにな。

テーマ : 二次創作
ジャンル : アニメ・コミック

04/09のツイートまとめ

d_AIRain

しかし、二年生組三人が生徒会と言うことは部長の方はどうなるのか。穂乃果ちゃんが生徒会長、海未ちゃんは弓道続けるだろうし、ことりちゃんはバイトもある。やはりここはなんてったってアイドル小泉以外に世界の矢澤を継げる者はいないか?( ̄Д ̄) #lovelive
04-09 23:47

一期の凛ちゃんが鏡の前でスカート履いてみてるシーンは可愛すぎる。凛ちゃんは全編通して安定感抜群に可愛い(=゚ω゚)
04-09 23:42

RT @eternalgazer: ラブライブ2期始まった!!ラブライバー集まれー\(^o^)/#ラブライブ好きな人RT#ラブライバーと繋がりたい #ラブライブレイヤーさんと繋がりたい #ラブライバーはRT #ラブライバー大フォロー祭 http://t.co/uvG
04-09 22:32

RT @cielapero: #ラブライバー大フォロー祭 #ラブライバーと繋がりたい #ラブライバーはRT #ラブライバー全員お友達なろう計画 #相互希望 #2期#祝ってくれる人RT http://t.co/5A9tiPSiuE
04-09 22:31

愛してるばんざーい!は二期で完成するのかな。真姫ちゃんから、にこちゃんとミューズのみんなに向けて(T_T) #lovelive
04-09 22:31

矢澤先輩、今は真面目な話をしてるて事はさっきまでは不真面目な話をしてたと言うことですか!( ̄Д ̄) 勝負服で、真姫ちゃんに合わせたくてヒールまで履いて、ことりちゃんが既にパジャマを着ているような遅い時間に、真姫ちゃんと何を話してたと言うのですか!!(>人<;) #lovelive
04-09 22:18

とりあえずオープニングでことりちゃんの絆創膏がピンクでもウサギでもないことは確認した( ̄+ー ̄) #ラブライブ
04-09 20:35

ミューズがダムでライブ。ダムライブ!( ̄+ー ̄) #lovelive
04-09 03:38

そう言えば、打ち込みやって曲を仕上げているのは真姫ちゃんなんですかね?私の妄想ではにこちゃん何ですが( ̄▽ ̄) #lovelive
04-09 03:21

もぎゅloveを、海未ちゃんが穂乃果ちゃんに向けて歌詞を書いて、真姫ちゃんがにこちゃんに向けて曲を書いて、にこちゃんが真姫ちゃんに向けて歌って、真姫ちゃんがそれを受けにこちゃんに歌っていると考えると面白い。ミューズ9人いるのに4人で曲が循環しちゃってる ̄▽ ̄) #lovelive
04-09 03:19

続きを読む

04/08のツイートまとめ

d_AIRain

あとは今日書いておきたいのは、OPと冒頭ミュージカルの生徒全員ミューズ。スクールアイドル究極形態ですね!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
04-08 02:55

RT @eri111002: にこまき#ラブライブ http://t.co/sm15p8tWlL
04-08 02:41

で、ミュースタはファンとミューズとスタッフの皆さんの絆の象徴だと思っています。長い時間とお金をかけて、櫻子先生や京極先生達が築いてきたラブライブが、アニメ化も大きな力にし超人気になり、それを祝うための、改めてのリスタート曲。PV観ていると私は幸せいっぱいになれます。 #ラブライブ
04-08 02:16

今回冒頭のマイク投げはもぎゅloveな訳ですが、私はミュースタと並んでPVで一番好きです。屋上だし可愛いしキラキラ。にこまき推しな事もありますが(笑)にこまきは先ほど書いたようにミューズ9人の絆の象徴なんですよ。出会うはずの無い2人が9人がミューズを通して出会えた。 #ラブライブ
04-08 02:10

公式がにこまき推しなのも何と無く理由解る。この二人以外はミューズがなくても必ずそばにいる人がメンバーにいる、この二人だけはミューズが無かったらずっと一人だったかもしれない。この二人だけはミューズがなければ出会えなくて、孤独だった。だからOPジャケでも手を繋ぐの二人。 #ラブライブ
04-08 01:28

今回からの全力のにこまき推しも多分意味があって、半年しかない真姫ちゃんと一緒にいられる時間をちゃんと大切にしようと考えているのかと。だからグループ通話のシーンでらしくないと真姫ちゃんは言ったのかなと。少なくともにこちゃんが誘っていて、ヒール履いてると言う事はデート。 #ラブライブ
04-08 01:12

思えばにこちゃんは一期の時から卒業を意識して動いていたんじゃないかな。ミューズのメンバーに出会えて、初めてにこちゃんはかけがえの無い仲間に出会えて、でも皆でいられる時間は一年ない。だから前回もラブライブに出ることにこだわったんだろうなと。最高の9人の時間は短いから。 #ラブライブ
04-08 01:07

しかしはやてを大地監督、演出京極先生でアニメ化して頂けたらとんでもなくクオリティの高い剣の舞見れそうだなあ( ̄▽ ̄)
04-08 00:57

あと真姫ちゃんの練習着についてる星の飾りはやっぱりスターにしきのだからなんだろうな( ̄▽ ̄) #ラブライブ
04-08 00:55

今回のにこちゃんの絆創膏もピンクな訳だけど、キャラの背景を考えると手当てしたのって真姫ちゃんですよね多分にこ襲来の時も( ̄▽ ̄) あのピンクの絆創膏が真姫ちゃんのと言うのは完全に妄想ですが今回は京極先生も花田先生もにこまき好きを間違いなく殺しに来てますねd( ̄  ̄) #ラブライブ
04-08 00:53

続きを読む

04/06のツイートまとめ

d_AIRain

しかし、今日私の誕生日からラブライブ!二期が始まるとは不思議な運命を感じる!!・・・と言いつつも、毎年春アニメの幾つかは必然的に私の誕生日に始まるのでラブライブ!に限った話ではないのですけどね(笑)
04-06 16:14

今のところのマンガ版の一番の名言は希ちゃんの、「ウチと あなたたちは きっとこれから 生きても 死んでも 離れられない」ですな。私がマンガ版を物凄く大好きになったきっかけの言葉。この言葉はマンガでは久々に鳥肌が。アルミ先生はもしかするととんでもないマンガ家先生になるかも知れない。
04-06 00:08

プロフィール

雨泉洋悠

Author:雨泉洋悠
この世は光に満ちています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
百合を愛する人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR