幻想の皇帝

「幻想の皇帝-Fantasy Emperor-」

「恋は堕ちるもの、愛は溺れるもの」

「玄宗皇帝をご存知ですか?」

「はい、知っています。楊貴妃に惚れ込んで、自分が頑張って大きくした自分の国を、めちゃくちゃにしちゃった人」

「そうですね、楊貴妃に堕ちて、楊貴妃に溺れた、幻想に惹かれたかつての名君」

「唐の国民は、皆この人のせいで苦しんで、この人のせいで大変な思いをしました」

「誰がどう見ても、歴史上最上位クラスのダメ人間、諸悪の根源、不幸の塊ですね」

皆、先生の言葉に同意している。

「じゃあ先生、玄宗皇帝自身は不幸だったの?」

「良いですね、とても私好みの質問です」

「玄宗は多分、とても幸せだったと思いますよ」

「どうして?」

「だって、自分の国を潰すほどの想いで、一人の女性への恋を愛を貫いたんですから」

「これ以上に激しい恋と愛なんて、そうそう体験できないですよね」

先生は笑顔でそう言い切った。

「でも先生、最後には玄宗皇帝は楊貴妃を殺してしまいます」

「そうですね、とても素敵です。最後の最後まで、楊貴妃は自分のものであるというわがままを貫いた訳ですね」

「楊貴妃が幸せだったかどうかは、また別の機会に考えましょう」

先生は相変わらず、先生が信じていなければいけないはずの道徳や愛を平然と軽々しく飛び越える。
自分が大国に押し上げた一国を潰しても、貫き通したかった恋と愛。
最後には愛する人を、永遠に自らのものとするために手にかける。
そう見た場合、玄宗皇帝ほど情熱的な人はいないのかも知れない。
でも先生、その結末は行き過ぎたストーカーとどう違うの?
それに先生、最後の日に楊貴妃も傍にいなくて、一人きりだったかも知れない玄宗皇帝は、
死に際の想い出に幸せを感じることが本当に出来たのかな?

それに先生。

ふぁんたじーえんぺらー

これもちょっとダサい。


☆『ひよ恋』第1~3巻

りぼんで久々に当たりを引いた感じがします。
140cmヒロインと190cm男の子の身長差カップル。
うん、素晴らしい(笑)
140cmヒロインのひよりんが最高に可愛いのが良いです。
結心も私は好みだけど、会社の飲み友達は結心キモいって言ってましたw
まあね、中身が見えないし。
とは言え、現実の色男も、ちゃんと中身が伴って格好いいことしているのなんて少ないので・・・(苦笑)
とにかくまあ、がんばれひよりん!超応援してるぞ!(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨泉洋悠

Author:雨泉洋悠
この世は光に満ちています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
百合を愛する人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR