世間的にはマイナーなジャンルのものが結構好きなのですが

昨今のマイナージャンルに共通するように見受けられるのが、
そのマイナージャンルの中でも一部の人間の嗜好に特化させてしまう行為。
根本的に絶対数の少ない中でなぜさらに少数の人間のためだけに絞ろうとするのか…。
マーケティングとか考えていないんですかね。
普通に考えたらそのジャンルに興味のない人も引き込めるようなタイプの幅広い人が楽しめる方向に持って行くべきなんですけどね。
マイナージャンルの中の、そのジャンルの中ではたとえ大多数であってももっと幅広い視点で見たら少数派にすぎない人ばかりに合わせる行為はジャンルの寿命を大幅に縮めるでしょうね…。

まあ、何の話だったかといえば何よりワンダーJAPANの話だったわけですがw
ワンダーJAPANに興味のある人の全員が大仏やら珍寺ばかりに興味が有るわけではないことを編集の方に理解していただけたら…。
ぶっちゃけ最近のワンダーJAPANの紙面のある程度を占める大仏とか珍寺とかそんな毎回観たいほど興味ないんですよね自分は。
そういう人もいるって事をわかって頂けないと、
段々と私みたいな1号から買っている熱狂的なファンでも買わなくなってしまいますよと言いたいわけですよ。

いや、あくまでもゆが付くジャンルとか雑誌の話ではなく、
ワンダーJAPANの話を私はしているわけですけどね!(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨泉洋悠

Author:雨泉洋悠
この世は光に満ちています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
百合を愛する人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR