百合姫ってLO何て目じゃない史上最悪レベルの表紙詐欺雑誌ですよね(=゚ω゚)

LOは内容的には論外とはいえ表紙は多くのマンガ雑誌の中でも最高レベルの雑誌ですよね。
まあ、LOの場合は端から18禁のそう言うマンガの雑誌ですと名乗っているからまだ非難される言われはないと思いますけどね。
突発的に買ってしまう被害は流石に他の雑誌にも言えるわけで仕方ない面もあるのかなと思います。
だけど、百合姫はどうなんでしょうね正直。
ゆるゆりで興味持った中高生が百合姫買ってみようと思った時に、
こないだまでのなもり先生の表紙や更にその前の超美麗表紙とか、
特に今の浜弓場先生の超可愛らしい表紙なんかは期待に胸膨らませて買うと思うんですよねきっと。
で、読んでいくと出てくるのは男の顔で女の体したキャラがいきなりセックスしているマンガとか、OLとかの社会人同士が平然とセックスしているようなマンガなわけですよ。
ゆるゆりから入ってきたライト・初心者な百合好き層は正直百合姫なんて買わずにきらら系買ったほうが目的にあっていますよね。
可愛い絵でほのぼのライトな百合。
きららに比べると百合姫とか子どもたちにとても勧められない。
百合に興味を持ち始めた人にもとても勧められない。
エロ百合勧めるにしたって少女セクトでまず必要十分ですしねえ。
百合姫のエロマンガがきっかけでディープな百合好きになるならまだしも、期待していたゆるゆりが面白くても上記のようなマンガがその後にいきなり出てくるわけですからヘタしたらトラウマレベル。
私が百合に興味を持った子どもや初心者にまず勧めるのははやてですね。
ていうか、それ以外は正直ほとんど勧められない…マリみてとゆるゆりが限界ですかね。
このまま少数派の中の多数派に狙いを定めている限りはこれ以上百合姫の発展はない気がします。
だって、けいおんやまどマギやゆるゆりで百合に興味を持ち始めたライトな百合層はどう贔屓目に見てもきらら系に流れると思いますし。
そっちのほうが多分絶対数多いです。
これはもう経済の基本、需要と供給かなと。
ライトな百合が増えて百合の裾野が広がって、そこからディープに入っていく人は間違い無く一定数はいるにしても、ライトな百合を求める人の方が大多数でしょう当然ながら。
ライトから少し深く入るにしても今はDolceの方が質が高いですし。
マーケティングの大原則として、少数派の中の多数派は重視しすぎてはいかんのですよ。
百合という少数派のジャンルの中でその更にエロを求めるのが多数派だったとしても、
百合とエロという二重の枷をはめたものを百合の外にいる人はそこまで強く興味持ちませんよ。
ライト以上の百合好きであればほとんどの人は百合姫を読んでいるわけですからその中の一部の人に向けて構成してもその外に訴える力はないでしょう。
そこに興味をもつような人は既に百合姫買ってますから。
百合に興味の湧いた人がせっかく増えているのに、外側に販路を広げていかないなら当然これ以上売れるわけがないですね。
残念なことに私が言うまでもなく経済の当たり前の法則ですなあ…。
あ、とは言え百合姫買ってる人の中の一番の多数派はゆるゆりだけ目当ての人だと正直思っていますけどね。
エロを求めている人の方がゆるゆりを求めている人よりも少ないでしょう実際は。

今日はプリンセスを買って名作揃いになってきたのに大喜びしているので、
明日はプリンセスマンセー記事を書くつもりですU・ω・)ノ
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いきなりですいません。
百合姫には、確かに性描写のある作品もあります。 でも、性描写を用いることによって、愛を描いているのです。それに、性描写がない作品の方が多いです。


プロフィール

雨泉洋悠

Author:雨泉洋悠
この世は光に満ちています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
百合を愛する人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR