アサダニッキさん同時発売三冊買ってきた!あと恋じゃねと七つの大罪、全部面白い!U・ω・)ノ

ナビガトリア(1) (BE LOVE KC)ナビガトリア(1) (BE LOVE KC)
(2013/04/16)
アサダ ニッキ

商品詳細を見る


ナビガトリアは素晴らしいですね。
80~90年台にあふれていた安っぽくて薄ら寒い古臭い浮気やら不倫やらセックスだらけのクソみたいな話にまみれていたレディースコミックでしたが、
ハチクロやのだめ等が連載されるようになって流れが変わって来ましたね。
ガールズエクスプレスやナビガトリアみたいな、ちゃんとした意味のある大人の女性向けマンガにレディースコミックが進化していっている姿は頼もしいですね!
ちはやふるとかを見ている限りではひとくくりで少女マンガに分類され始めたので既にレディースコミックというジャンルこそが世の中に不要なジャンルになっているのかもしれませんね。
まあとは言え、反対に百合姫がクソみたいなレディースコミックもどきを載せるようになってしまうのだから世の中うまくいかないものですが(;´Д`)
ナビガトリアの素晴らしいところは正に現代の大人の女性が抱える、
結婚やそれにまつわる相手の家族や両親の介護やTwitterを通して顔も解らない相手に会いに島根まで行ってしまう都会の大人の女性たちの声にならない孤独感、突然仕事を失うという現代の当たり前に世間に存在している腹立たしい現実、等々男性にとっても逃げているだけでは決して解決しない重い課題をちゃんと骨太に描いているところ。
梢ちゃんみたいに青春を生活の犠牲にせざるを得ない女の子っていうのは現実に存在しているし、
その子達はこよりさんのような支えとなってくれる存在をやっぱり求めていて、こちらもちゃんと目をそらさずに描いている。
そこに加えてアサダニッキさんの繊細な心の動きを描いた少女マンガ視点のときめきエピソードまで加えていて非の打ち所が見当たらない!!!∑( ̄□ ̄;)
実際こよりさんのような救世主なんてあらわれること無く、あきさんのいう崩壊していく家族・家庭がどれだけあることか。
凄惨な事件だけでなく知られることもなくひっそりと破滅していく家族・家庭のどれだけあることか( TДT)
そんな感じでナビガトリアはもう心の底から先を楽しみにしています。
主人公とヒロインの気持ち的には完全にゴールしていても、それでも色々なことがあって結婚に至らないでいる二人なんて本当に現実的でどう二人が歩いて行くのかは非常に気になるところです。

名探偵部この後すぐ!  (カドカワコミックス・エース)名探偵部この後すぐ! (カドカワコミックス・エース)
(2013/04/13)
アサダ ニッキ

商品詳細を見る

あとは探偵物はアサダニッキさんのギャグセンスが爆発・炸裂していて最高でした。
1巻で終わるのもったいないなあ(´・ω・`)

青春しょんぼりクラブ(5) (プリンセス・コミックス) (プリンセスコミックス)青春しょんぼりクラブ(5) (プリンセス・コミックス) (プリンセスコミックス)
(2013/04/16)
アサダニッキ

商品詳細を見る

しょんぼりは当然名作、表紙はにまちゃんでしたな。
表紙のクオリティも凄く高いのですがやっぱり1巻が最高でしたね。
青空をバックにした仲間たち、最高の青春マンガを予感させるに充分です|  ̄▽ ̄)

いやあ、アサダニッキさん早く百合書いてくれないかな…。
情報漁っている限りだとマリみてが好き?っぽい感じなので百合も嫌いでは無さそうな感じ。
レベルの低い、ある意味年月は浅いけど既に老害化している百合姫のマンガ家もどき陣に風穴あけて頂きたい!w
隔月刊でも平然と休載とか背景真っ白とか、好きなマンガ家さんもいるにはいるけどレベルは低いですよね結局。
休載といえば冨樫先生とかは休載をよくネタにされるけどあの方は人生捧げて魂削って既に幽遊白書という不世出の名作を週刊連載で高クオリティのままやりきっていますからね。
少なくとも隔月刊でデビュー作から既に休み休みのマンガ家さんとか比べ物にならないよなあといつも思います。
でもまあ、アサダニッキさんの最高の売りはなんだかんだ言って女装男子だと思います!

っていうか恋じゃね?(8) (プリンセス・コミックス) (プリンセスコミックス)っていうか恋じゃね?(8) (プリンセス・コミックス) (プリンセスコミックス)
(2013/04/16)
武藤 啓

商品詳細を見る

恋じゃねは本編がどうにも面白く無い。
私が最近書いている糞でキチガイなスタッフ共みたいな考えと行動でゴミみたいなことしてるクソババアが出ているためつまらないですね。
早くこのキチガイがつるし上げられる展開をプリーズ。
こういうのが現実にいる上に事実をねじ曲げて他人を平然と攻撃するから質悪い。
今回の最高に見どころはとにかく武蔵くんとみちるちゃんですね。
あとは王様の格好良さ、最高や!
王様出てくるシーンの一乃とかクズババアどもの言い分は上記のような同じような事を喚いていた人間どもを知っているだけに本気で腹がたちますね、今直ぐ死ね( ゚д゚)、ペッ
キチガイに陥れられている人間に対してうじうじしてんなとかクズの言い分でしょ、こっちの言い分なんか本当に聞かねえんだからこっちの意向なんか関係ないんだから言うだけ無駄じゃねえかマジでクソババアだわ(; ・`ω・´)

七つの大罪(2) (講談社コミックス)七つの大罪(2) (講談社コミックス)
(2013/04/17)
鈴木 央

商品詳細を見る

七つの大罪は2巻もハイクオリティ、でもずっと思っているけどこれの面白さって大半ドラゴンボールの面白さと近いですよね(σ・ω・)σ
とにもかくにも面白いので全然問題なしですがヽ(´ー`)ノ
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨泉洋悠

Author:雨泉洋悠
この世は光に満ちています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
百合を愛する人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR