雪月の蝶(はやて×ブレード二次創作)

今回は「はやて×ブレード」の二次創作をやってみました( `・ω・´)
二次創作とは言え、仕掛けは色々施したので読んで頂けたら嬉しい限りです。

↓ここから

雪月の蝶     雨泉洋悠

 私の人生の内に、生涯忘れることのない出逢いというものは、何度あるのだろう。
何度あるのかは、まだ解らないけど、何度あったとしても、その一つ一つは何気なく、当たり前のように過ぎていく、夢や幻のようなものなのかも知れない。

「先輩!私、先輩のこと…」
 画面ではいつもと変わらない、気色の悪い女が気色の悪いセリフを吐いている。
いつも通り、何の変哲もない夜を迎えている。
ふと、時計に目を向けてみると、針はこちらを向いて揃っている。まだ門限には時間はありそうだ。
私は、いつものこの部屋の住人である、友人の事を思い浮かべる。
同時に、その友人と対になる彼女の事が思い出される。どちらかと言えば、こっちがメインだ。
明日は二人にとって、とても重要な日だ。
私は今、友人に代わって主の居ないベッドを占拠する、私の相方に声をかける。
「クロ、ちょっと表歩かないか。せっかくだし」
 昼間チビ達の所のクリスマス会に出掛けて行ったクロは、夕方頃に戻ってきて、今は順のベッドに寝っ転がっている。
クロは私の言葉に反応して飛び起きる。
「おお!綾那からクリスマスデートの、お・誘・い?」
 妙に体をくねらせて、言葉を返してくるクロは、はっきり言って気持ち悪い。
「ああ、地獄まで一緒に付き合ってもらう」
 ベッドから飛び降りて、気持ち悪い反応を返してきたクロに対して、しこたまアーム・ロックを懸けてやる事にする。
「い、痛い、綾那…ギブ、ギブ…」
 掠れていく声で、やっとの思いと言わんばかりに、クロは言葉と覚束ない両手で、降参の意思を伝えてくる。全く、最初から妙なことを言わなければ良いものを。私は、クロを開放してやる。
「こんな聖なる日にまで何とも荒々しい仕打ち…聖なる野生、ホーリーワイルド綾那」
 私に散々苦しめられた首元をさすりながら、またもや意味不明の言葉を放つクロ、いつも通りだ。
「意味解からん。デートではないけど、せっかくだから出掛けようとは誘っているけどな」
 いつも通りに、私は呆れ気味にもう一度誘いの言葉をかける。ここまでいつもと変わらない、毎度毎度同じ行動、ある意味様式美とも言える。
だけど、返って来たクロの言葉はいつもとちょっと違って私の意図を正確に汲んでいた。
「解ってるって、しぐまとじゅんじゅんの事でしょ?明日だもんねえ、二人のために何となく何かしたいけど、何も出来ない、手持ち無沙汰な気分だよね」
 このたまに見せる鋭さ・繊細さが、クロの隠れた良いところかも知れない。クロ本人は気付かないままの方が良いかなと思うので、いつも通りに敢えては言わないでおく。
「うん、せめて部屋でいつもの不愉快なゲームをやり続けて、明日を迎えるのは避けたい。自分の事だけであれば、例年通りそれでも良いのだけどね」
 私の顔には知らず知らずに少しの笑みが浮かぶ。聖なる日は私の心も、クロの心も多少は厳かな気持ちにさせる力があるらしい。
「オッケー、行こうよ綾那。外をぶらぶらしていれば少しはしぐまとじゅんじゅんのために出来ること、思いつくかも知れないし」
 そう言って、早速出掛ける準備を整えると、先陣切って部屋を出て行こうとする。私も準備を整えて、それに続く。
「綾那、ゲームは良いの?」
 クロは、振り返ってゲーム畫面が映ったままのTVを指さす。
「ああ、あのままでいい。しばらくセーブ出来ないからTVのスイッチだけ切っておく」
 画面には先程のまま、恥ずかしそうにこちらを向いている気持ち悪い女の顔。彼女の一世一代の告白はひとまずお預けだ。
私はTVのスイッチを切り、電気も消してから、クロに続いて部屋の外に出た。
廊下には私達以外人の姿はなく、少し薄暗い。暖房の効いた部屋の中と違って、少しばかりひんやりとしていた。

「月が綺麗だよ綾那~」
 そう言われて見上げてみると、流れる雲間に黄金色の光が見て取れた。
「満月っぽいけど今日はちょっと雲が多いな」
 天気予報的に言えば、どちらかと言えば今夜の天気は晴れではなく、くもりだ。
それでも、クロの言うように今夜の満月は、雲の切れ間に姿を見せたり、雲を従えたかのような様子を見せたりして、一際大きな存在感を私達に魅せ付けている。
「気温的には寒すぎるぐらいで雪が振りそうだよね~」
 寒すぎると言いながらもクロの声はいつもと変わらず元気だ。
私達は、目的地も思いつかず、とは言え手持ち無沙汰のまま帰る気にもなれずに街の中をぶらぶらしていた。
周囲の家並みには灯りはなく、街灯の灯りだけが私達の頼りだ。周囲の家達は、静かに寝静まり無言の闇で私達を見つめ続けている。
何故か人気も殆ど無く、この世界に月と雲だけを与えられて、クロと二人、この世界を別世界として取り残されてしまったような気分になる。
「静かだねえ綾那。まるで誰も居ないみたい。今日はクリスマス・イブだって言うのに」
 それなりに高級そうな住宅が並んでいるのに、そう言えばイルミネーションの類も見当たらない。
街並み自体、見慣れない姿で、何だか見知らぬ街に迷い込んだような感覚。
「そうだな、今日みたいな日の夜はもっと浮かれた感じがするのかと思っていたけど何だかちっとも浮かれた雰囲気が見られないな」
 街灯を一つ一つ越えて進んでいく、正直この先がどこに辿り着くのか、私にも解らない。多分クロにも解らないだろう。
それでも、不思議と引き返そうとお互い言い出すこともなく、街灯の奥の深い闇の向こうに、更に向こうに二人歩を進めている。
「…を浪費する訳ですよ。昔の人がそう言ってました」
「昔の人って誰?」
 ふと気がつくと、少し先の路地の右奥から僅かな人の気配と共にそんな会話が聞こえてくる。声の調子から、私と同い年ぐらいの女の子であることは解った。
「お、初めて人の気配が」
 クロが何気なく呟く、確かに今夜二人で部屋を出てから初めて感じる人の気配だ。
路地を右に曲がると、丁度二人の女の子が、街灯に照らされて、私達の左側の建物の門をくぐり抜けていくところだった。
「何か左奥の方に明かりが見えるね、これも今日初めてだ」
 クロが二人が入っていった建物の方を見て呟く。私も同じ方向に視線を巡らせてみると、確かに何か明るい雰囲気だ。
門の前まで来てみると、貼り紙がしてあった。
『本日、聖堂開放中。ご自由にお祈り下さい』
 街頭に照らされた貼り紙は、不思議な魅力で持って、私達の心に訴えかける。
「綾那、これも何かの縁だよ。あの子達もお祈りに行ったみたいだし、私達も今日はここを目的地ということにしようよ。しぐまとじゅんじゅんのために」
 私はクリスチャンではないし、クロも違ったと思うけど、確かに今日ぐらいは、西洋の神様に祈るのも、あながち間違いではない気がする。
「そうだな、お邪魔させてもらおうか」
 私もクロも、何かの奇妙な引力に導かれるように、その門を抜けて、敷地内に一つだけ明るく見える建物の方に近づいていった。
 天頂に輝いている月は、相変わらず雲をその従者として従えて、物静かに佇んでいた。

 乾いた軋んだ音を立てて、木製の扉を開け、その空間に入ると、先ほどの二人の女の子がまだお祈りしている最中だった。
クロと二人、入口近くで暫く待つことにする。聖堂内には一応暖房がかかっているみたいで、外よりも少し暖かい。
正面真ん中、奥に祈りの対象を掲げる場所に立つ二人の女の子。さっきまでは暗いのと遠いので気配しか感じなかったが、この明るい聖堂内で見ると、二人とも特徴的な髪型をしている。
片方の子は頭の両脇にお下げを作り、もう片方の子は更に特徴的なクルクルと円錐形になった髪を両脇に下げている。
そして、二人とも同じ紅色のリボンをそれぞれ結び、出で立ちもまた同じ紅色のダッフルコートを着ていた。
それぞれのフードが何とも愛らしさを感じる。二人はまるで姉妹のように見える。
お互い同じ色、同じ雰囲気を纏って、お互いの絆を身に付けることで、お互いの繋がりを再確認し、自らの心を相手に見えるように示しておく。
何とも親密な関係性を感じさせる二人の後ろ姿だった。
振り返ってクロと自分の格好を見てみる。あの子達みたいな統一感はないけど、それぞれいつも通りに、お互いの釣り合いが取れた格好をしていると思う。
私達の方は、到底姉妹には見えないだろうけど、刃友と言う関係としては多分問題なく適切だと思う。
二人がお祈りを終えたのか、最前列の左側の席の方にずれる。
私達の気配を向こうも感じ取っていたのだろう。私達の方を向いて、少し微笑んで自分達の先ほどまで居た場所に促す様子を見せてくれた。
「綾那、行こう」
「ああ」
 クロの促す言葉にも乗せられて、私は二人に少しばかりの会釈を返して、中央奥の祈りの先へと向かった。
丁度先ほどの二人の場所に着いた当たりで、後方の木製のドアの軋む音と二人の女の子の声が聞こえた。
「あ、誰かいる」
「ええっ?か、勝手に入って良かったのかしら…」
「大丈夫でしょ、みんなお祈りしてるみたいだし」
 後方の二人の様子は解らないけど、先ほどの二人は左側でも何かにお祈りをしている様子なのが見えた。
私は作法は良く解らないので、単純に手を合わせてお祈りをすることにした。クロも同じようにするようだ。
眼を閉じようとした時、私の眼の前にある神様に捧げられた花と草の中に、同じ形で寄り添い合う二枚のハート型の葉があるのが眼に入った。
「綾那、綾那。この葉っぱ、しぐまとじゅんじゅんみたいだね」
 ああ、そうか。この二枚の葉こそが、あの二人、夕歩と順だ。
寄り添い合い、互いを支え合う二枚の葉、明日二人で、最大の試練を乗り越える。
お互いが、お互いのために、力を尽くす。

 寄り添いて、互いに支う双葉の葵。ただ静かに、試練の日を待ち、密やかに眠る。

 それは誰の言葉だったか、昔読んだ本にあったのか、何かで見たものか、遊んだゲームで聞いて、憶えていたのかも知れない。
この葉は双葉葵と言う葉なのだ。
「そうだな、あの二人が二人でいる限り、この双葉葵のようにいる限りは、明日も二人はきっと大丈夫だ」
「この葉っぱ、双葉葵って言うのか~。うん、何かこの葉っぱ見てたらやっぱり大丈夫だって安心できた気がする」
「そうだな」
 あの二人はやっぱり大丈夫だ。私とクロの想いも、やっぱり間違いなくちゃんと届く。

 お祈りを終えて、私達は右側にずれる。左側には先程の二人が戻ってきて腰掛けていた。
よく見ると、顔立ちはそんなに似ていない。
もしかしたら姉妹ではなかったのかも知れない。
後ろを振り返って、先ほど入ってきた二人を促す。
長い髪に、特徴的な赤いリボンを付けた女の子と、その子よりも更に長い髪を、ポニーテールにしている女の子だ。
赤いリボンの子が、ポニーテールの子の手を引っ張るようにして歩いてくる。
ポニーテールの子は若干不安そうに見えるけど、赤いリボンの子はお構いなしに楽しそうに手を引いて歩いてくる。
「ほらほら、行くよ綾乃~」
「ちょ、ちょっと待ちなさいよ歳納京子」
 何だか、初々しい恋人同士のカップルを見ているみたいで、微笑ましいものの見ているこっちが恥ずかしくなるような二人だ。
「あやのだって、綾那と同じ字かな~?何か女の子同士だけど恋人同士みたいに見える二人だねえ~」
 クロも同じように感じたみたいだ。
二人の邪魔にならないように、クロと二人右側の席で腰掛けた。

 二人はお祈りを終えると、私達の後ろに腰掛けた。二人も私達と同じようなお祈りの仕方だった。
「歳納京子、さっきの同じ葉っぱが二枚付いているのの名前解る?」
「解んない、ハート型で何か可愛かったよね~」
 後ろの二人の声が聞こえる。教えてあげようかなと思ったけれど、
「あの葉っぱはね、双葉葵って言うんだよ」
 クロが後ろを向いて、私が動くよりも先に話しかけていた。やっぱりそれが私達の通常の流れだ。
「おお、双葉葵!教えてくれてありがとう!綾乃~双葉葵だって」
「隣にいるんだから聞いてたわよ。ありがとうございます、ご親切に」
「いやいや、どういたしまして~」
「だから、貴女に言ったんじゃないってば!歳納京子!」
「あやのちゃんととしのうきょうこちゃんは何年生?見た感じ同い年ぐらいな気がするので声かけてみたのもあるんだけど~」
 二人でお互いの名前を連呼しているものだから私もクロも、二人の名前の読みだけは直ぐに解った。きょうこちゃんの方は多分名字も。
「双葉葵が話題になってますね、お姉さま」
「そうだね、何かあっちは楽しそうだね」
 お姉さま、って事はやっぱり姉妹か。でも姉の事お姉さまって呼ぶとは、どこの良家のお嬢様なのか。
「すいません、騒がしくしちゃって」
 後ろの三人の会話は妨げないように、姉妹の二人に話しかけてみることにする。今日は双葉葵の魔力が働いているのかも知れない。
「いえいえ、お二人は良くお祈りにはいらっしゃるんですか?」
 特徴的な髪の子が話しかけてきてくれた。
「いやいや、普段はそういうのとは全く縁のない殺伐とした生活をしています」
「へえ、どんな生活なんですか?」
 今度はお姉さまの方が話しかけてきてくれる。
 しばらく、私とクロそれぞれ三人と三人で簡単な自己紹介したり雑談に華が咲いた。
 ステンドグラスから差し込む月明かりは、変わらずに優しい微笑を、私達と双葉葵に向けてくれている。
私は双葉葵を見つめながら、夕歩と順の明日の手術事を話し、その為に何かしたくてここに辿り着いたと言う事も話した。
二人はその話を聞いてすかさずもう一度お祈りしなおしてくれた。素敵な姉妹だ。
 クロも同じ話をしたらしく、きょうこちゃんとあやのちゃんもお祈りし直してくれていた。優しい子達だ。

「綾那~京子ちゃんと綾乃ちゃんは富山から遊びに来てるんだって、びっくりだね!」
「へえ、祐巳さんと瞳子さんは都内のカトリック系の女子校に通っているんだってさ」
「剣で闘うのが目的の学校って珍しいですよね」
「クロちゃんと綾那さんはペアで闘ってるんだね~面白そう」
「富山からだと何で来たの?電車?」
「深夜バスです。私は基本的には付き添いというかお手伝いですけど」
 いつの間にか、六人で雑談の輪が出来ていた。双葉の葵が導いた雑談の輪。

 六人で少しの間話し込んだ後、クロが突然立ち上がって窓の外を指さした。
「みんな見てみて、いつの間にか雪降ってるよ~」
「おお~雪!何かテンション上がる~!」
 そのまま、クロと京子ちゃんが飛び出していく。
「ちょっと待ちなさいよ歳納京子!もう、雪なんて地元でも見慣れているでしょうに…」
「しょうがないなあ、クロのやつ」
 そう言って綾乃ちゃんと二人で追いかける。
祐巳さんと瞳子さんは微笑みながら私達の後を付いて来る。さすがはお嬢様学校の高校生だ落ち着いている。
 軋む扉を開けて外に出ると、辺り一面が薄っすらと白色に覆われ、白い粒子が僅かな光を反射して輝いていた。
「こうやって丸めて、耳をつけて、丁度南天の実もあるね~出来た!雪うさぎ!」
「おお~お見事!私も作る~」
 二人の手元を覗き込むと、クロの手には雪で出来た小さなうさぎが乗せられていた。
「おお、上手いもんだなクロ」
「いやあ、たんぽぽ園でみんなと良く作ってたからね~」
「出来た~」
「あ、可愛い。雪うさぎ…」
 綾乃ちゃんの反応を見るに、京子ちゃんも出来たらしい。クロのよりも小さいけど、より詳細に、兎らしくなっている雪うさぎだ。クロも上手いけど、京子ちゃんのはレベルが何か違う、凄い上手いし可愛い。
雪うさぎを見つめる綾乃ちゃんの眼が、かなりキラキラしている。何かこう、凄い解りやすくて、何とも少しむず痒くなる二人だ。
「よ~し、持って帰ってまりちゃんにまりちゃんに上げよう!」
「!…」
 綾乃ちゃんが、分り易すぎるくらいに、あからさまにがっかりした後、しょんぼりしている。ここは一肌脱ぐか。
「あら可愛い。でも京子ちゃん、富山まで持って帰ったら多分溶けちゃいますよ?この場で誰かに上げちゃった方が良いんじゃないですか?」
 瞳子さんが先に動いた。さすがだ、追いついて直ぐに綾乃ちゃんの様子と京子ちゃんの言葉で、瞬時に状況を理解したらしい。
「おお、そうだなあ…。綾乃~雪うさぎ欲しい?」
 京子ちゃんはちらっと綾乃ちゃんを見て、雪うさぎを両手で差し出す。京子ちゃん、解っててやっているんじゃないだろうか。
「!べ、別に欲しくなんかないんだけど。ど、どうしてもって言うならもらってあげないこともないんだから!」
「えへへ~」
 もうこっちが恥ずかしくなるぐらい、二人の世界を作ってくれちゃってる。
ああ、そうか京子ちゃんは単純に綾乃ちゃんが自分の事を好きでいてくれている、その事が嬉しくて、意識的にも無意識的にも、敢えて綾乃ちゃんが反応するような事をしているんだな。
周囲の人間の反応まである意味利用して。思っていたよりも、意外と奥が深い子なのかも知れない。
「瞳子さん、さすがのアシストです」
 私は納得して、瞳子さんの耳に囁いた。瞳子さんは少し懐かしそうにして、
「何だかね、綾乃ちゃんを見ていると昔の私を見ているようで」
「ああ、何となく解ります」
 瞳子さんの後ろの祐巳さんをちら見しながら、また納得気味に頷く。
先ほどの雑談でお二人が通っている学校の独自のシステムについては聞いた。
きっと色々な紆余曲折を経て、今の姉妹としての祐巳さんと瞳子さんがあるのだろう。
京子ちゃんと綾乃ちゃんは、その紆余曲折のまだ途中にいるのだ。きっと。
「そう言えばさあ、雪月花ってことばがあるじゃん?あれって何で雪と月と花何て、一緒には見れないものをひとまとめにしたんだろうねえ?」
「う~ん、何かその三つともある状態ではなくて別の意味も含んでいるんじゃない?」
 京子ちゃんの疑問に、祐巳さんが答える。
「それにさ、一緒には見れないとは限らないよ?ほらあそこ」
 祐巳さんはいつから気づいていたのだろう。祐巳さんの指さした方に、この白色に覆われた世界においても一際目立つ、白い花が咲いていた。
「おお~すげー綺麗!この花は何て言う花?」
 その花に近づいて、京子ちゃんが尋ねる。
「その花の名前はね、月下美人」
 祐巳さんがその名を告げた正にその瞬間に、僅かに出来た雲間から、たった今まで今夜の主役の座を雪に奪われていた黄金色の満月が、その光をただ月下美人に捧げるためと言わんばかりに、その姿を私たちの前に晒した。
一筋の光が月下美人を照らす。雪もまた静かにはなっても、止んでいない。ここ、この瞬間にのみ雪月花はその姿を私達の前に表した。

 儚くも美しき、艶やかなるかな哀しき人。快き楽しみの心と繊細なる心の下。儚き恋に身をやつす、その名は月下。

 これもまた誰の言葉だったか。月下美人の袂にもまた、双葉の葵が、まるで月の光を受けて舞う、蝶のように寄り添い揺れていた。
「綾那も雪うさぎいる~?」
 しばらくの間雪と戯れていた、クロが聞いてきた。
「要らない。その雪うさぎはここに置いていけ。明日辺りたんぽぽ園のみんなに作りに行ってあげれば良い」
「そうだね、そうする」
 クロはいつも通りの笑顔でそう答えて、雪うさぎを月下美人と月下の蝶、双葉の葵の袂に置いた。雪うさぎもまた月明かりに照らされる。
何だかみんなして、少し厳かな気持ちになり、無言でその姿に祈りを捧げてしまった。
いつかの誰かの言葉に詠われた、哀しき人の幸福を、この場にいる六人みんなと、双葉の葵の先にいるであろう、夕歩と順も一緒に、祈った。

「じゃあ、またいつかどこかで」
「京子ちゃん、綾乃ちゃん、またね~」
「クロちゃん今度は夏に来るよ~綾乃も一緒に」
「また勝手に決めて、もう歳納京子ったら。瞳子さん、ありがとうございました」
「綾乃ちゃん、素直さも時として大切よ?」
「綾那ちゃん、はやてちゃん、京子ちゃん、綾乃ちゃん、またいつかどこかでね」
 月は既に雲に隠れた。門を出て、みんな思い思いの言葉で今夜の、偶然の出会いへの別れを惜しんだ。

 みんなと別れて、暫く歩くと、不思議と見慣れた街並みと、聖なる日らしい賑わいと喧騒が戻ってきた。その時のクロの言葉こそが、この夜の出会いの全てを表している。
「何だか別世界にでも迷い込んでいたような気分だね~雪まで止んじゃったし、ここらへんはあまり積もってないよ。狸や狐ならぬ、花に化かされたのかな?私達」
 ああ、花に化かされるとは、それはまた私達の日常に何となくそぐうような、そぐわないような、何とも雅で華やかな響きだ。
私もまた、柄にも無くそう思う。
月下美人には一年に一度しか咲かないと言う言い伝えがあるらしい。
今日という日はきっと、クリスマス・イブであるということも含め、そう言う類の、珍しい、奇跡のような、おめでたい日なのだ。

部屋に戻り、電気をつけ、TVの電源をONにする。出掛ける時と変わらない笑顔で、気色の悪い女が待っている。
「続きやるの~?」
 クロが順のベッドの上から声をかけてくる。
「まあな、いつも通りだ」
「そうだね、いつも通りだね~」
 今日という出会いもまた、当たり前のように明日へと過ぎ去っていき、いつも通りの日常を過ごしながら、夕歩が元気になって当たり前の日常に戻ってくる日を、クロや順と一緒に私は待ちわびるのだ。



BGM

Especial Friend/A・S
雪に願いを/槇原敬之
月光/鬼束ちひろ
宇宙の花/島みやえい子/I've
蝶/ZABADAK
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨泉洋悠

Author:雨泉洋悠
この世は光に満ちています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
百合を愛する人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR