それなりにリア充(?)な日々を過ごすことが出来た夏はほぼ終わり、日記も通常モードに戻りネタ回収。完全覚醒山田デイジー先生「恋するふたごとメガネのブルー」| ´ω`|

例年夏は意外にリア充な日々を過ごす事が出来ている雨泉洋悠でございますヽ(=´▽`=)ノ
皆様はいかがお過ごしでしょうか?(∀`*ゞ)
昨日からはやてニャーン開始に対する記事をスタートにして、
徐々にTwitter等に転がしていたネタの回収を始めていきたいと思っております(=゚ω゚)
取り敢えず週末は土曜日休息、日曜日ポケモンXY予約にポケセン横浜へ。
予約後そごうのベルばら展を観ようかと思うもやっぱり友人と行こうと思い直し歩け大会に切り替え。
無意味に戸塚駅から大船駅を真っ暗闇になる中を歩いて来ました。
なんか色々頭のなかも整理できて色々再始動しております。

そんな感じで今日のネタはそちらとはあまり関係なく…。
かねてより私が絵の可愛さに気になっておりました山田デイジー先生が、
もちろん過去の作品も素晴らしいのですが完全覚醒しとても素敵な作品を描き始めたという喜びのネタでございます(ノ´∀`*)

恋するふたごとメガネのブルー(1) (講談社コミックスなかよし)恋するふたごとメガネのブルー(1) (講談社コミックスなかよし)
(2013/08/06)
山田 デイジー

商品詳細を見る

「恋するふたごとメガネのブルー」
非常に良く出来ていて素敵少女マンガな上に姉妹百合、
仲良し読者体験談マンガまで載っていて盛りだくさんな内容でとても素晴らしいのです(*´∀`)
この方は私が本来は百合マンガ家にこそ持っていてほしいと思う感性をほぼほぼ完璧に備えている方ですね。
そうそう、コミュニケーションツールがスマホ(アイホン?)にLINEなのもかなり今風ですね、私的にはここの活用も楽しみです。
さくらちゃんとももちゃんの可愛さと仲の良さは激しくニヤニヤします(*´∀`)
やっぱりさくらちゃんみたいな子は魅力的ですよね、ももちゃんの身代わりになった時とか悩殺ものです(*´Д`)
70点の問題のサブタイトルの意味、ラストシーン全てが山田デイジー先生の才能に溢れています。
そして何よりも山田デイジー先生が凄いなと思った最大のシーンは、青くんがさくらちゃんに傘をさしかけるシーンでしょう。
これこそが少女マンガのみが持つ繊細な心の動きの描写。
最高です、今後が激しく楽しみなマンガなのです!U>ω<)ノ

ここからはまた百合への思いを書き綴るのですが、これが解る百合マンガ家さんが増えれば丁寧な心の動きを描写する百合マンガは増えるのでしょう…。
まあでも、そんな簡単に理解できないから百合姫は衰退しているのでしょうね…。
林家先生や森永先生なら同じことを百合でできるのでやはりマンガ家としての格が違うなと思います。
山田デイジー先生もデビューから10年、アンケート一位もとってるし新世代少女マンガ家のトップランナーのお一人ですね。
百合姫に載っているような「私達の描く本気の恋愛だけが正しい百合だ!!」みたいなマリみて以降にしゃしゃり出てきて本来の百合をねじ曲げてドヤ顔しているような人達にはきっと姉妹百合と言う信頼関係をメインに置くカテゴリは理解できないのかもしれません。
マリみて以前のウテナ・セラムン・おにいさまへ・その他幾多の名作百合作品たち。
どれも全て、大前提に人と人の信頼・親愛の情というものがあります。
花物語から連なる日本文学古来から続く百合作品において、本気での恋愛関係というものは表現方法の一つに過ぎず、それらはほぼすべて信頼・親愛の情が大前提にあり百合姫でよく描かれている「女の子だから好き」という感覚とは一線を画します。
だって、はるかさんとみちるさんにしろ、ウテナとアンシーにしろ、相手が同性であるということにはあまり重きを置いていないでしょう。
はるかさんとみちるさんなんて特に男女でも女性同士でも同じ相手と愛し合っているわけですから(*´∀`*)
スポンサーサイト

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨泉洋悠

Author:雨泉洋悠
この世は光に満ちています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
百合を愛する人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR