紅と桜~いつの日にか、あの日に~(ラブライブ! 二次創作 短編 にこまき のぞにこ のぞにこまき)/雨泉洋悠

   紅と桜~いつの日にか、あの日に~
              雨泉 洋悠

 今日の事、私は、忘れられなくなりたい。
 にこちゃんが、戸惑いながらも、ちゃんと私の手を、握り返してくれたこと。
 その手の大きさが、思っていた以上に小さくて、小さな子供に握って貰えているような、私の中に、にこちゃんへの、堪らない何かを、呼び起こしてしまいそうな、そんな小ささだったこと。
 その手の温度が、思ってもいなかったほどに、低くて、意識せずに、自分の手の温度が、上がっていってしまったこと。
 全部、ずっと、忘れないで、いたい。

 窓から差し込む光はオレンジ、その色に染められた、流れるような黒、結び留める赤いリボン。
 二階から見える、にこちゃんの姿は、いつもよりも、少し幼く見えて、思わず、可愛いな。
 なんて、にこちゃんに聞かれたら怒られそうな感想が、頭に自然と浮かんでしまう。
 右を見て、左を見て、もう一度右を見て、ある人に視線を向けて、その等速度運動は、止まる。

 にこちゃんは、希のこと、どう思っているのかな。

 二人の間にある、見えない絆。
 それに気付いてからの私は、自分らしくない程に、そこにある何かが、気になってしまう。
 今だってほら、二人は優しく微笑み合って、何かを話している。
 会話の内容は、微妙に聞き取れない部分があって、何だろう、ご飯の話かな。
 にこちゃんが、お料理が上手いのは、昨日で判明している。
 その流れで、にこちゃんが今日も作ってくれるなら、嬉しいのにな。
 また、にこちゃんのお料理、食べられるのは、素敵。
 あれ?そう言えば、ちょっと待って、いつも、にこちゃんと一緒に頂いているお弁当。
 あれは、お母さんが作っているとか、言っていたような言ってないような、でも待って、にこちゃんお母さんに作ってもらう必要ないんじゃない?
 ええと、それはつまり、何か重大な事を示しているような気がするの、真姫、落ち着いて考えなさい。
 ダメだ、自分の頬が、どんどん赤くなっていくのが、解る。
 つまりにこちゃん、そう言う事で、良いのよね?

 オレンジ色に染まる、海沿いの道、昨日は希と歩いて、今日はにこちゃんと二人で歩いてる。
 重大な事実に気付いてしまった後に、自分内のみに湧き上がる興奮、冷めやらぬままに何とかニヤニヤ顔を抑えつけて、一階に戻ってみれば、追い打ちを掛けるように、希の言葉。
「真姫ちゃん、今日はにこっちと二人で買い物に行ってくれへん?」
 さっき二階から見たのと、同じ様な笑顔で、そう私に告げる、希。
 何て言うか、希はさり気なさを装いつつ、強引、それが嬉しかったりも、するけれど。
「わ、解ったわよ。仕方ないわね」
 思わず、希と、こっちを見ていたにこちゃんから顔を背けてしまう。
 いま思い出しても恥ずかしい、何て言うか、照れ顔とニヤニヤ顔が合わさって、私はとても見せられないような顔を、していたと思う。
「真姫ちゃん、にこに何か言いたいことがあるんじゃないの?」
 私は思わず飛び上がりそうになる。にこちゃん、何て言うか、鋭い。
「べ、別に何も無いわよ」
 恥ずかしさから、どうしてもそんな返答をしてしまう。
 ああもう、せっかくにこちゃんが私の気持ちを察して、手を差し伸べてくれたのに。
「何も無いことないでしょ?だって、何時もと違ってさっきから全然にこのとなりを歩いてくれないし」
 そんなにこちゃんの、とんでもないところを突っ込む非難の声。
 しまった、それはすっかり失念していて、恥ずかしさからいつもと違って、にこちゃんの少し前を私は歩いていた。
 視界の隅に、にこちゃんの可愛い髪とリボンが無いことにすら、気付かないぐらいに今日の私は動揺していたみたい。
 恥ずかしいし、自分らしくない、私は、自然に、にこちゃんの隣にいて、視界の隅でぴょこぴょこ動く姿を見ているのが、自然なのに。
 歩調を遅らせて、自分のいつもの位置に収まる。
 視界の隅で動く髪とリボン、オレンジ色、穂乃果の色に染まっている。

 そう言えばにこちゃんは、穂乃果のことも、どう思っているのかな。
 私は、穂乃果がいなかったら、きっとにこちゃんを見つけることすら出来なくて、ましてや、その隠された心にまで辿り着くことなんて、きっと出来なかった。
 にこちゃんの事を、一番最初に理解し、手を差し伸べたのは、穂乃果という、動かせない事実。
 それは今も少しだけ、私の心に、マイナスの気持ちを、加算する。
 にこちゃんに必要なのは、私じゃなくて、穂乃果なんじゃないのかな。
 私は穂乃果がいなかったら、こんなにも胸を焦がす想いに、出会うことも出来なくて、穂乃果がいなかったらにこちゃんは、こんなにも魅力的なのに、きっと、一人で、あの場所に、居続けていたんだ。

「ほら、言ってご覧なさいな」
 少しの間だけ、思考の澱みに嵌り込んでいた私を、にこちゃんの声が引き戻す。
 この声を、この色を感じ取れない日々なんて、私にとっては、世界が死んだも同然だ。
 今こうして、にこちゃんが私の隣に居てくれると言う事実。
 とても、幸せなこと。
 にこちゃんの助け船に、何とか出来る限り素直に乗っかって、慣れない言葉を、紡ぎ出す。
「えっと、その。にこ……先輩って、料理得意よね?」
 ああもう、何て格好良くない言葉、何だろう、私は本当はもう少しだけ、にこちゃんの前で、格好良くいたいなと思うのに。
「うん、隠していた訳じゃないし、昨日はちょっと変な見栄はっちゃったけど、そうね、実は得意よ」
 にこちゃんが、誇らしげな顔を向けてくる。 もう私は、それを当たり前に可愛いなと思うぐらいには、素直になれてしまっているの。
「て言う事は、その、あの、何時も貰ってたお弁当って……」
 そんなにこちゃんの可愛い顔を、自分だけに向けられている照れもあって、言葉は少し辿々しくなってしまう。
「そうよ、私の手作りよ」
 ああ、もうダメだ、溢れかえっちゃう。
 だって、にこちゃん、初めてお弁当を貰ったのなんて、もう随分と前で、そんな前から私の為に、にこちゃんがお弁当を作ってくれていたなんて、そんなの、私余りにも、幸せすぎると思うの。
 止め処なく溢れ出す想いが止まらなくて、気持ちを表に出せないままに、ここまで来てしまった私には、この想いをどう表に現したら良いのか、まだまだ難しすぎて、解らないの。
「そ、そっか、えっと、何時もありがとう。これからは作ってくれている人を正しく認識して頂くわ」
 だから私は、在り来たりの御礼の言葉を、にこちゃんに伝えるだけで、もう心が一杯一杯なの。
「うん、じゃあにこもこれからは堂々と真姫ちゃんのために、自分が作っているアピールしていくからよろしくね!」
 にこちゃんが、いつもの手つきで、私に笑いかけてくれる。
 こんなにも小さくて、可愛らしいにこちゃんの手が、毎日のように、私の為に、お弁当を作ってくれている。
 そう思うと、胸の奥が締め付けられるような気持ちが湧いてきて、自分の体温が、上がっていってしまうのが、解る。
「にこ……先輩、暗くなっちゃうからちょっと急ぎましょう」
 ダメだ、今にこちゃんなんて呼んだら、自分が、どうしようも無くなっちゃうような気がする。
「そうね、もう少し大丈夫だろうけど少しだけ夜の色が混じり始めてる」
 それでも、もうとても自分を抑えきる事なんて出来なくて、自然と手が動いてしまっていた。
「さあ!急ぎますよ!」
 にこちゃんの小さな手を、自分の手の中に包み込むようにして、走りだす。
 目で見ていたよりも、更に小さく感じる、その小さな子供みたいな、柔らかすぎる、感触。
 にこちゃんは、焦っている感じを出しつつも、ちゃんと、一生懸命に、手を握り返してくれて、私に合わせて走ってくれる。
 その手の温度は、思っていたよりも低くて、それが何故だかより一層私のてのひらの温度を上げていって、何だか恥ずかしかった。

 私は今日のこと、忘れられないように、なりたい。
 今の私では、まだまだにこちゃんの支えになれなくて、頼りない、にこちゃんに守ってもらう側の私だけど、いつの日か、にこちゃんの全てを、受け止められるように、守ってあげられるようになって、今日と言う日を、二人の忘れられないあの日に、いつの日か、出来たら良いなと、思う。

次回

線香花火
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨泉洋悠

Author:雨泉洋悠
この世は光に満ちています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
百合を愛する人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR