二人の物語~私達に未来の花束を~について書いておきます(=゚ω゚)ノ

あの日が来たので書き始めました。

真姫ちゃんにとって、生涯で多分二番目に辛い日。
そこに、にこちゃんは居てあげることが出来ない。

紅と桜の流れを受けて、二人の物語を始めました。
今回は始めの日付は決めていましたが、
終わりの日付は決めていません。
紅と桜は、真姫ちゃんからにこちゃんへの物語ですから、
始まりと終わりに、更に話数に制限をかけた物語でしたが、
今回は終わりの日を決めずに書きたいことを書ききっていこうと思っています。
とは言え、一つの区切りの目標は年末かなと。
そこで終わるかどうかは未定ですが、そこで一区切りはつく感じになるのを目標にしていきます。
にこちゃんが、残り少ない時間の中で、真姫ちゃんに何を残してあげられるのか。
本編の流れをちゃんと踏まえつつ、自分なりの話を書いていけたらと思っています。

ラブライ×ブレードも、パラレルですが基本は紅と桜の流れを踏まえての、
派生と捉えていただければと思います。
今後はこちらも進めるので本当にどちらも何時終わるかはまだ解りません。
円環物語と百合団地も入ってくるので、気長にお付き合い頂けたら嬉しいです。
にこまきは一生ものですから。

今回も始まりはプロローグ的なものなので短いですが、
徐々にトップギアに入れていきたいと思います。
今回は二人の関係が深まるに従って、必然的にそれなりの関係にしていくつもりもありますので、
そっち方面のご期待ありましたら、気長に待っていて頂ければと思います。
まあ、二人の関係性を書いていくのに、その流れは何だかんだ言って外せないと私もじつは思っていますので。

というわけで、今後ともよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

雨泉洋悠

Author:雨泉洋悠
この世は光に満ちています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
百合を愛する人
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR